スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 『シグナル』 映画 あらすじ&ネタバレ | トップページ | 『呪い襲い殺す』 絶叫シリーズ ネタバレあり »

2015年9月10日 (木曜日)

『フォックスキャッチャー』 実話 ジョン デュポンによるレスリング五輪金メダリスト射殺事件を映画化

実話の映画化ですsign03

第87回アカデミー賞全5部門ノミネート
第72回ゴールデン・グローブ賞3部門ノミネート
第67回カンヌ国際映画祭監督賞

なぜ大財閥の御曹司は、オリンピックの金メダリストを殺したのか?

デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンが実際に起こした殺人事件を映画化した実話ドラマsign03

富や名声、孤独といった心の暗部でつながれた富豪と金メダリストの病的な心理を描き出しているshine

監督は『カポーティ』などのベネット・ミラーflair

『31年目の夫婦げんか』などのスティーヴ・カレルをはじめ、チャニング・テイタムマーク・ラファロら実力派が共演していますsign01

彼らの鬼気迫る演技に圧倒されること間違いなしflair

2015年9月4日レンタル開始flair

フォックスキャッチャーポスター

作品情報

英題:FOXCATCHER
洋画:実話ドラマ
製作年:2014年
製作国:アメリカ
日本公開:2015年2月14日
上映時間:135分
公式サイト

オススメ度:★★★★★☆☆☆
       (派手さはないが良作)

あらすじ

大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマーク(チャニング・テイタム)は、給料が払えないと告げられて学校を解雇される。失意に暮れる中、デュポン財閥の御曹司である大富豪ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)から、ソウルオリンピックに向けたレスリングチーム結成プロジェクトに勧誘される。同じくメダリストである兄デイヴ(マーク・ラファロ)と共にソウルオリンピックを目指して張り切るが、次第にデュポンの秘めた狂気を目にするようになる。

予告動画↓

スポンサーリンク

感想

デュポン財団御曹司によるレスリング五輪金メダリスト射殺事件sign03を映画化した作品ですflair

派手さはないので、好みは別れると思いますが・・映画って感じの映画ですhappy01

※ネタバレありですsign01

何故ジョン・デュポンは金メダリストを射殺したのか?

ジョン デュポン

この物語は、大金持ちの資産家の御曹司が何故?レスリングの金メダリストを射殺するという事件を引き起こしたのか?

その過程を追っていくストーリーですcoldsweats02

そのストーリーは、レスリングの金メダリストでありながら環境に恵まれず貧しい生活を送るデイヴとマークのシュルツ兄弟の話からスタートしますhappy01

そんな二人のもとに現れたのはジョン・デュポンsign03

このジョン・デュポンこそが、射殺事件を引き起こした犯人ですsign03

彼は、二人に対して素晴らしい提案しますshine

それは、ソウル・オリンピック金メダル獲得を目指したレスリングチーム〈フォックスキャッチャー〉の結成プロジェクトですflair

彼の敷地に家も用意してもらい、そしてその敷地内にある最高の練習設備、そして経済的支援もしてくれるという何ともありがたい話ですflair

マークとデイヴ

最初に誘われたマークはその話に飛びつきますが、兄のデイヴは家庭があるために断りますsweat02

このデュポンが曲者で、お金だけ出すのかと思いきや・・口も出す・・でもど素人sweat02
結局は、〈自分が教えてこいつらは金メダルを取った〉という名声が欲しいだけなのですcoldsweats01

でも、二人は上手くいっていました・・・・それは何故なのか?

実は似た境遇の二人・・・

マークとジョン デュポン

 

兄デイヴの陰に隠れ、金メダルと取ってもデイヴの弟としか認識されず・・何をやっても兄を超えることができない・・・兄コンプレックス(ブラコン)のマーク·シュルツ・・

そして、母親に認めてもらえず、それが心に引っかかり・・・母に認められようと、色々と頑張るもそれは金の力で得た名声であり、母にはそれがわかっており認めらない・・・母に認められないことがコンプレックスの母コンプレックス(マザコン)のジョン・デュポン・・

コンプレックスのある二人はウマが合い、前半は名コンビとして二人のきずなが感じられましたshine

ジョン デュポンに指導されるマーク

しかし、そんな二人の仲も長くは続かなかったのですsweat02

兄が参加したことにより境遇は一変

デイヴとジョン デュポン

デュポンは、結局はマーク·シュルツを駒にしか見ていませんでしたcatface

成績がいいときは褒めちぎる、成績が悪くなれば用済みですsweat02

成績が落ちて行った原因もデュポンにあり、マークにコカインを覚えさせたりっと修行僧のようだったマークの生活も一変し堕落していきました・・・

金メダルを取った時に、デュポンはパーティでマークに金メダルを取れたのは自分のおかげだという様な自分をべた褒めする文章を覚えさせ、それを言わすなど・・

やはり、名声を得たいだけのデュポン・・・そんな彼に付き合っていった生活マークの成績が落ちるのは当然のことだったのでしょうsweat01

自分のことを「イーグル、またはゴールデン・イーグル」と呼べとマークに言うシーンは実話だけに失笑でしたcoldsweats01

デュポンには、レスリングも自らは手を汚さず猟犬に狩らせる「狐狩り(フォックス・キャッチャー)」の様なものだったのかもしれません・・・」

そして、成績が落ちたマークの代わりに大金をはたいて呼んだのは・・・

兄のデイヴですsign03

兄コンプレックスのマークには、完全な裏切り行為ですcoldsweats02

これがきっかけでデュポンとマークの二人の仲は最悪sign03

自暴自棄になったマークは試合でも負け、ついにはレスリングチーム〈フォックスキャッチャー〉から脱退しますdash

兄のデイヴは、自身の満ち溢れ、人望も名声もある存在flair

レスリングでのデイヴ

デュポンが本当に欲しいものをすべて手に入れているデイヴの存在が、デュポンにはさぞかし眩しかったことでしょうshine

デュポンの心に潜む劣等感が浮き上がってきました・・・

射殺されたのは?

デイヴとマークとジョン デュポン

マークが去ったあと、その姿を見つめていたデュポン・・・

マークとデュポン映っている自伝ビデオを観賞していますcatface

仲の良かったころの二人の栄光の日々ですup

コンプレックスを抱えた、似たものどうしだった二人は分かり合えるものがあったのですhappy01

そして、休日の日にいきなり訪ねても、快く対応してくれた独り者のマークと違い、デイヴには家族がいましたflair

マークのように、いきなり訪ねても・・

「今日は休日です。家族サービスの日です。」っと追い返される・・・

マークや自分とは違う、デイヴ・・・帰ってこないマーク喪失感を感じたでしょう・・・

そして、ある日・・・銃を片手に車に乗り込み行った先は・・・

デイヴの家sign03

撃たれるデイヴ

どうしました?

っと近いづいてきたデイヴに向けられる銃口・・・

デュポンは・・・3発・・・デイヴに銃弾を発射しましたsign03

そう殺されたのは、意外にも兄のデイヴなのですsign03

デイヴが眩しすぎたのか?それともマークが去った逆恨みなのか?

映画は彼が逮捕され、マークが総合格闘技の舞台に挑む姿で終わりですcatface

総合格闘技の相手にゲーリー・グッドリッジの名前があったのはびっくり!!(゚ロ゚屮)屮

ゲイリーグッドリッジ

マーク・シュルツは、UFC9に参戦しゲーリー・グッドリッジに勝利したそうですsign01

ちなみの本物のシュルツ兄弟↓

シュルツ兄弟

左(デイヴ)右(マーク)

しかし、濃厚な実話映画でしたねhappy01

ジョン・デュポンを演じたスティーヴ・カレルが上手い

スティーヴ・カレル

この映画は俳優陣の演技がバトルも見ものですhappy01

チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、スティーヴ・カレルsign03

三人ともめちゃ上手いhappy01

しかし、その中でもジョン・デュポンを演じたスティーヴ・カレルがナンバーワンでしょうhappy01

アカデミー賞は 『博士と彼女のセオリー』 のエディ・レッドメインに敗れたものの・・・

第72回ゴールデングローブ賞の主演男優賞(ドラマ部門)、第87回アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされていますflair

不気味な怪演・・・めっちゃ印象に残っていますflair

実際の事件はどうなった?

銃を撃つデュポン

真実は謎ですが・・統合失調症だった可能性がありますcoldsweats02

精神科の専門家である証人はデュポンを強迫観念症的な統合失調症であるとし、シュルツのことをデュポンを殺そうとしている国際的な陰謀団の一味であると錯覚していたのだと証言した。

そのために、射殺してしまったのだと・・・

デュポンは家に押し入られて殺されると信じこんでいたため、家じゅうに様々な防犯設備を取り付けていたという・・・

結局はデュポンに13年から30年の収監を宣告し、ペンシルベニア州で最も警備が最低限なマーサー刑務所に収監が決まったそうですsign01

デュポンは2010年12月9日、慢性閉塞性肺疾患と肺気腫により72歳で亡くなったそうです。

ちなみに、デイヴの未亡人であるナンシー・シュルツは夫の不当な死についてデュポンに訴訟を起こし、デュポンがシュルツ夫人に少なくとも3500万ドルを支払ったそうです・・・40億くらいっすか?

なかなか、良作の映画でしたhappy01

俳優陣の演技力の巻き込まれること必須good

オススメ実話映画ですねhappy01

スポンサーリンク

少しでもお気に入り頂けたらシェアお願い致します!<(_ _)> 

関連記事↓

「ビッグ・アイズ/BIG EYES」 実話映画( ゚Д゚) ネタバレ

密陽女子中学生集団性暴行事件「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」で実話映画化

「殺人者」 軍浦女子大生殺害事件のカン・ホスンの実話を映画化

« 『シグナル』 映画 あらすじ&ネタバレ | トップページ | 『呪い襲い殺す』 絶叫シリーズ ネタバレあり »

コメント

タピアさん、こんばんはhappy01

これ、見たいと思ってたんです〜おもしろそう!!

早速借りてみますねnote

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/62230947

この記事へのトラックバック一覧です: 『フォックスキャッチャー』 実話 ジョン デュポンによるレスリング五輪金メダリスト射殺事件を映画化:

» フォックスキャッチャー (試写会) [風に吹かれて]
大富豪の狂気 公式サイト http://www.foxcatcher-movie.jp2月14日公開 実話に基づいた映画原作はマーク・シュルツの自叙伝 監督: ベネット・ミラー  「カポーティ」 「マ [続きを読む]

« 『シグナル』 映画 あらすじ&ネタバレ | トップページ | 『呪い襲い殺す』 絶叫シリーズ ネタバレあり »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ