スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「暗殺教室」 実写映画 続編も2016年公開 | トップページ | 「デビルズ・ノット/DEVIL'S KNOT」 実話〈ウェスト メンフィス3事件〉を映画化 »

2015年9月23日 (水曜日)

「セッション」 ネタバレ&あらすじ

ラストの9分19秒に括目せよ

名門音楽学校に入学したドラマーと伝説の鬼教師が繰り広げる狂気のレッスンとその行方を描き、第30回サンダンス映画祭でグランプリと観客賞に輝き、アカデミー賞に5部門のノミネート、うち助演男優賞・編集賞・録音賞3部門受賞た話題の人間ドラマ

メガホンを取るのは、『グランドピアノ 狙われた黒鍵』などの脚本を手掛けてきた俊英デイミアン・チャゼル

主演は『ダイバージェント』などのマイルズ・テラーと『JUNO/ジュノ』などのJ・K・シモンズ

熱いドラマはもちろん、マイルズが繰り出すパワフルなドラミングにも圧倒されること間違いなし

2015年9月18日TSUTAYAだけレンタル開始

ポスター

作品情報

英題:WHIPLASH
製作年:2014年
製作国:アメリカ
日本公開:2015年4月17日
上映時間:1時間47分
公式サイト

オススメ度:★★★★★★☆☆
        (ラストが凄い)

あらすじ

名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(J・K・シモンズ)だった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼におののきながらも、その指導に必死に食らい付いていくニーマン。だが、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化していく

予告動画↓

スポンサーリンク

感想

2015年度アカデミー賞のダークホースと呼ばれた作品
ある種期待ほどではなかった作品、ある種期待以上の怪作だった作品・・・

そして、この作品を作ったデイミアン・チャゼル監督

デイミアン・チャゼル

撮影当時28歳の若手でありながら、長編デビュー作でアカデミー賞作品賞にノミネートされるという快挙を成し遂げた新鋭

高校時代にプロを目指してジャズドラムに打ち込んだ、彼の実体験を基に本作を作り上げそうです

なかなか、凄い作品に仕上がっています
TSUTAYAだけレンタルシリーズとなっていますので、TSUTAYAさんでしか借りれませんが、是非見てほしい作品となっていますね

野心に満ちたドラマーと鬼教師の恐るべきレッスン
野心に満ちたドラマーと鬼教師の恐るべきレッスン

偉大なジャズ・ドラマーになるという野心を抱いて、全米屈指の名門校シェイファー音楽院に入学した19歳のアンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)は、何とかしてフレッチャー教授(J・K・シモンズ)の目に留まりたいと考えています。

見事フレッチャー教授の目に留まり最年少19歳でフレッチャー教授が指揮する“スタジオ・バンド”に所属することになります

異様なまでの緊張感に包まれた教室でレッスンが始まり・・・

フレッチャーが生徒たちを恐怖で支配する中、トロンボーン奏者が僅かな音程のズレを責められ、その場でクビとなります・・・

その厳しさ凄まじいですΣ( ̄ロ ̄lll)

「17小節の4拍目」のテンポが違うと怒りで豹変したフレッチャーに椅子を投げつけられたニーマンは、ビンタでテンポを矯正され、悪魔のごとき形相で罵られる

フレッチャー教授にののしられる

このフレッチャー教授の口の悪いことなんの・・・
日本でなら確実にYOUTUBEに曝されるレベルの厳しさです
ニーマンの立場なら確実に泣きます

その日は、泣いて帰ったニーマンだが、翌日からその悔しさをバネに肉が裂け血の噴き出す手に絆創膏を貼ってひたすらドラムを叩き続けるのだった…

鬼教師フレッチャーを演じたるのはベテラン俳優、J・K・シモンズ

学生にパワハラ上等の罵声を浴びせ、絶対服従と過酷な練習を強いる超怖い熱血完璧主義者を怪演しています

アカデミー助演男優賞受賞も納得の怪演夢に出てくるほどの怖さ・・・
半端ないっす

そして、主演のマイルズ・テラーにも注目したいっす
彼の演技あってのJ・K・シモンズ・・・っと言っても過言ではない好演

この二人のセッションに熱くなること間違いなしです

ドラムをたたくニーマン
ドラムに主奏者に異常なまでの固執するニーマン

ニーマンの母は彼が幼い頃に家を出て行った。音楽以外は何の興味もなく、友達もいないニーマンにとって今は別々に暮らす高校教師の父と映画館へ行くことが唯一の娯楽・・・

フレッチャーにスカウトされた日、自分が無敵になった気がして秘かに想いを寄せていた映画館の売店でバイトをしているニコル(メリッサ・ブノワ)に彼女声をかけ二人は付き合うことに

そんな中、スタジオ・バンドが出場したコンテストでのあるトラブルをきっかけに、フレッチャーは主奏者をニーマンに任命する。

だがフレッチャーは、有頂天のニーマンを残酷なまでに奈落の底に突き落とすのです・・
他から新たな主奏者候補を連れてきたのです

ニーマンは怒りと焦りをニコルにぶつけ「偉大な音楽家になるには君が足手まといだ」と別れを切り出し別れちゃいます・・

ドラムの練習に異常なまでに打ち込むニーマン・・・

そんなある日の夜、フレッチャーは3人の候補の中から主奏者を決めると宣言

手から血を流し、フラフラになりながらひたすら演奏を続ける候補者たち・・
本当にきつく辛い戦いです・・・

やがて真夜中もとうに過ぎた頃、フレッチャーはニーマンを主奏者に決めるのです。
見事に勝ち取り、実演の日・・・ニーマンは交通事故に遭います

血まみれで傷だらけ、指は骨折している状態のニーマン
それでも、ドラムを叩こうとするニーマン・・

その主奏者へのこだわりは狂気です

フレッチャーは交代を支持します

そのとき、ブチ切れたニーマンはフレッチャーに殴りかかるのです
俺が、主奏者なんだと邪魔をするなと・・・

今まで、恐怖に従うしかなかったニーマンとフレッチャーの関係が崩れてきた瞬間でした
このことが原因で、ニーマンは大学を退学になります

セッション
ラスト9分19秒が最高

ニーマンは大学を退学になるが・・フレッチャーも大学をクビになっていた・・

フレッチャーの教え子が自殺し、その狂気の指導方法で教え子はうつ病になっていたというのだ
ニーマンへの指導方法も聞かれ、ニーマンはフレッチャーの指導方法を認めながらも大学をクビになりドラムを叩く機会を失った焦燥感から、フレッチャーのことを密告してしまうのです

そんな二人はジャズバーで再会を果たします

今までの、フレッチャーと違いめちゃくちゃ優しい感じです
そして、新しいバンドを立ち上げプロのスカウトマンも見に来る舞台での演奏のドラムに、ニーマンを勧誘するのです

ニーマンは喜び勇んで、その舞台に立つのです

ここから驚異のどんでん返し!!(゚ロ゚屮)屮※ネタバレあり

演奏が始まる瞬間・・・ニーマンに近寄るフレッチャー・・・何を言うのか?

ラストシーン

( ゚д゚)、ペッ チクったのはお前だろ?私を甘く見るな

えっ?って困惑顔のニーマン・・・

そりゃそうでしょ!?こっちもええ~Σ(゚д゚;)っすよ

そして、渡された譜面も演奏すると聞いていた曲も・・・

(lll゚Д゚)全然違う

そうなんです・・これはフレッチャーの壮大な復讐計画
自分のコンサートをつぶしてまで、ニーマンをぶっ潰す
フレッチャーの陰湿さには頭が下がります・・・

曲が始まり、何とか合して叩こうとするも・・もちろん上手くいくわけがありません
横の演奏者にまじめにやれっと怒られるシーンが印象的です

スカウトマンが見に来ている場所での大失敗・・・
ニーマンの夢は粉々に打ち砕かれました

ボロボロになり、舞台から1人離れるニーマン・・・
ほくそ笑むフレッチャーが印象的でした

父親によくやったと抱きしめられ変えるのかと思いきや・・
少し考えまた舞台の席に戻るのです

ニーマンは何を考えたのか?

そこから怒涛の展開です

(*^-^) 次はスローテンポの曲を・・

っというフレッチャーにいきなり激しいドラムを叩き始めるのです

仰天する他の奏者・・一番驚いたのはフレッチャー

フレッチャーが「目玉をくりぬくぞ」っとニーマンを脅すも、聞く耳を持たずドラムを叩き続けます
「合図する!」っと横の奏者にニーマンの眼光と声が届きます

ニーマンの狂気のドラムにより、周囲はそのドラムに引っ張られるように演奏に入ります
その曲は何度も練習させられた「キャラバン」です

フレッチャーもそのニーマンの狂気の演奏に飲み込まれてしまいます

今度はニーマンのフレッチャーへの逆襲です

そして、ニーマンのこの演奏こそがフレッチャーが求めていたものだったのです

始めは、怒りをあらわにしていたフレッチャーですが、徐々に変貌していきます
ここら辺が、本当にJ・K・シモンズ上手い
言葉でなく、表情仕草その全てでフレッチャーの気持ちを表しています

ニーマンの力でフレッチャーが求めていた「キャラバン」の演奏に昇華されていきますそして、あの鬼教官フレッチャーが楽しそうに指揮しているのです

そして、ニーマンも楽しそうな感じでグングン演奏の最中に成長していくのです

ググッっとくる瞬間です

がて演奏が終わる・・・が、ニーマンのドラムは鳴り止まないのです

彼のドラムは怒涛の勢いのまま続いていきます・・・

さすがのフレッチャーも、ここで流石に焦りを覚えてきます。

しかしニーマンはまたもや「合図する!」と言うのです
ここで、フレッチャーは彼の意図を察っしたようです

観ているこっちは完全に映画に入り込んで観てしまってます
次は何が来るのか?どうなるのか?
ドキドキです

ニーマンのドラムソロは、これこそ神の領域
叩き続け、叩き続け、もはや何を叩いて何をしているのか分からなくなる程に、彼の意識は高次元に達していきます

そして、その演奏を傍らで支えるフレッチャー

ニーマンのドラムソロの強打によりスタンドの接続が緩くなり、倒れかけたサスペンドシンバルを、フレッチャーが手に取り、立て直します

大丈夫だそのまま演奏を続けろ・・表情でそう言っています
ニーマンがドラマーとしてこれまでにない境地に辿り着きつつある事を、フレッチャーが求めていたものをさらに超えつつあることを、フレッチャーが認めているのです

ここでの、J・K・シモンズの表情と仕草が最高です

やがて終わりを迎えるドラムソロ・・・

観客だけでなく、ニーマンとフレッチャーも最高の気分です

そして「キャラバン」はまだ終わっていない・・

溜めて、溜めて、管楽器のハーモニーが「キャラバン」に幕を下ろす瞬間、二人の「セッション」はENDとなりエンディングに突入します

最高でした

キャラバンのソロをニーマンが終えた瞬間、音はなくフレッチャーの鼻と口角あたりが映るシーンがあり一言フレッチャーはニーマンに何か言ったようです

実際その直後ニーマンは何かを聞いたような反応を示したので、多分なんかいったんだと思うんですが・・それは「グッドジョブ/good jobだと思います

フレッチャーはニーマンの事を、お前は第二のチャーリー・パーカーだと認めたのではないかな?そう思います

そしてもう一個余談ですが、ニーマンは舞台を離れた瞬間、何を考えたのか?

それは、二人がジャズクラブで会話したとき、どんな時も飽きらめずに戦うものが第二のチャーリー・パーカーになるみたいな会話があったんですが、それを思い出し・・・これはフレッチャーからの試練だっと考えその期待に応えようとしたのかもしれません

もしそうなら、最高の師弟関係ですよね
実際にはこの後は喧嘩になるんでしょうかね?

最高の師弟関係の方だったことを期待したいです

とにかくラストの9分19秒が最高のオススメのドラマ映画でした

是非見てほしい一作ですね

スポンサーリンク

少しでもお気に入り頂けたらシェアお願い致します!<(_ _)> 

関連記事↓

「ダイバージェント」 あらすじ&ネタバレ 続編『Insurgent』

「グランドピアノ 狙われた黒鍵」 あらすじ&ネタバレ

« 「暗殺教室」 実写映画 続編も2016年公開 | トップページ | 「デビルズ・ノット/DEVIL'S KNOT」 実話〈ウェスト メンフィス3事件〉を映画化 »

コメント

早く見たいです
レンタルDVD出たんですよね
来週借りてこようっと!

なんか、文章で感動しました(笑)。
見たくなりますね。

音楽にしろスポーツにしろ
なあなあでは何も生まれない。
魂がぶつかり合ってこそ……でしょうね。

観たら、そんな感想はあまっちょろいかしらん。

ゆうままさんへ

予想外の展開にびっくりしましたΣ( ̄ロ ̄lll)
ラストはホントに良い出来です

takae h(fullpot)さんへ

まさにラストは魂の演奏でしたね(=゚ω゚)ノ
かなりの良作ですのでお暇が合ったら観てみてくださいね

こんにちは~。モモパパです。
ドラムといえば思い出が。
大学時代にKISSのコピーバンドをやってて僕、ドラム担当でした。
リズムが走りすぎるという癖がありましたけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「セッション」 ネタバレ&あらすじ:

» セッション [風に吹かれて]
血と汗がしたたる 公式サイト http://session.gaga.ne.jp 製作総指揮: ジェイソン・ライトマン 偉大なジャズドラマーを夢見て、全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマ [続きを読む]

« 「暗殺教室」 実写映画 続編も2016年公開 | トップページ | 「デビルズ・ノット/DEVIL'S KNOT」 実話〈ウェスト メンフィス3事件〉を映画化 »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ