スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「マイ・ブラザー 哀しみの銃弾」 | トップページ | 「エクソダス 神と王」 10の奇跡がすごい »

2015年2月 1日 (日曜日)

「大統領の執事の涙」

差別の実話に心痛む・・

実在したホワイトハウスの黒人執事の人生をモデルにしたドラマsign01

奴隷から大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男の波乱に満ちた軌跡を追うflair

主演を務める『フリーランサー NY捜査線』などのフォレスト・ウィテカーを筆頭に、「グランドピアノ」のジョン・キューザックジェーン・フォンダ、「プリズナーズ」のテレンス・ハワードなどの実力派が結集sign01

メガホンを取るのは、『プレシャス』などのリー・ダニエルズsign01

濃密なドラマとストーリー展開に加え、アメリカ近代史を見つめた壮大な視点にも引き込まれること間違いなしgood

2014年8月15日レンタル開始sign01

Photo_4

作品情報

英題:LEE DANIELS´ THE BUTLER
洋画:ヒューマン
製作年:2013年
製作国:アメリカ
日本公開:2014年2月15日
上映時間:2時間12分
大統領の執事の涙:公式サイト

オススメ度:★★★★☆☆☆
       (まあまあ
catface)

あらすじ

綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。ホテルのボーイとなって懸命に働き、ホワイトハウスの執事へと抜てきされる。アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、フォードなど、歴代の大統領に仕えながら、キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争といったアメリカの国家的大局を目の当たりにしてきたセシル。その一方で、白人の従者である父親を恥じる長男との衝突をはじめ、彼とその家族もさまざまな荒波にもまれる。

大統領の執事の涙:予告動画↓

感想

冒頭の奴隷シーンに度肝を抜かれたが、その後は淡々と進む感じの映画でしたdash

実在したホワイトハウスの黒人執事の人生をモデルにしたドラマですshine

奴隷から大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男に人生を描く感じですup

Photo

奴隷映画といえば「それでも夜は明ける」がやっぱ印象強いっすよねgood

あの映画は、すごかったな~

しかし、フォレスト・ウィテカーが執事とは・・・(;゚Д゚)!

怖い・・・

でも、やっぱ上手いはこの人ナイス演技でしたねhappy01

Photo_2

綿花畑の奴隷として生まれたセシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)は、1人で生きていくため見習いからホテルのボーイとなり、やがて大統領の執事にスカウトされます。

キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争など歴史が大きく揺れ動く中、セシルは黒人として、執事としての誇りを胸に、ホワイトハウスで30年にわたり7人の大統領の下で働き続けます。

髪の毛なくなったり、見事な30年という年月を感じさせるメイクでしたねgood

Photo_3

セシルが、いかにして一流の執事になったか?

主人公のセシルの出世物語でもあるのですが、一番のポイントは、執事の仕事に誇りを持つ主人公と、白人に仕える事を嫌って公民権運動に熱中する息子との愛憎劇です。

勘当みたいになっていた、息子と最後に仲を取り戻すシーンは良かったですshine

Photo_4

もう一つの注目は実力派スターたちが演じる歴代大統領ですshine

リチャード・ニクソンにジョン・キューザックsign01

他にも、JFKを見事に演じきったジェームズ・マースデンや、レーガン大統領の好感度まで上げる演出のアラン・リックマンshine

アイゼンハワー大統領に今は亡きロビン・ウィリマムズsign01

レーガン大統領夫人にジェーン・ホンダとハリウッドの豪華キャストの勢揃いにテンション上がりますup

面白いかっと言われるとそうでもないんですけど、飽きずにボーと見ていられる感じでしたねdash

まあまあな感じのオススメ歴史ヒューマン映画ですshine

スポンサーリンク

« 「マイ・ブラザー 哀しみの銃弾」 | トップページ | 「エクソダス 神と王」 10の奇跡がすごい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/61045032

この記事へのトラックバック一覧です: 「大統領の執事の涙」:

» 大統領の執事の涙 [風に吹かれて]
豪華キャストでアメリカ現代史 公式サイト http://butler-tears.asmik-ace.co.jp 監督: リー・ダニエルズ  「プレシャス」 「ペーパーボーイ 真夏の引力」 1920年 [続きを読む]

« 「マイ・ブラザー 哀しみの銃弾」 | トップページ | 「エクソダス 神と王」 10の奇跡がすごい »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ