スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「大統領の執事の涙」 | トップページ | 「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」 »

2015年2月 2日 (月曜日)

「エクソダス 神と王」 10の奇跡がすごい

モーゼの十戒sign03

旧約聖書の出エジプト記に登場する、モーゼのエピソードをベースにしたアドベンチャーsign01

紀元前のエジプトを舞台に、王家の養子として育てられた男モーゼがたどる数奇な運命と壮絶な戦いを活写する。メガホンを取るのは、『グラディエーター』『プロメテウス』などのリドリー・スコットsign01

アメリカン・ハッスル』などのオスカー俳優クリスチャン・ベイル、『華麗なるギャツビー』などのジョエル・エドガートンを筆頭に、実力派やベテランが結集sign01

砂漠を埋め尽くすエジプトの軍勢や割れていく紅海など、スケールの大きなビジュアルも見ものですflair

2015年1月30日上映開始sign01

Photo

作品情報

英題:EXODUS:GODS AND KINGS
洋画:歴史アドベンチャー
製作年:2014年
製作国:イギリス/アメリカ/スペイン
日本公開:2015年1月30日
上映時間:2時間30分
エクソダス 神と王:公式サイト

オススメ度:★★★★★★☆☆
      (映像すごい
happy01)

あらすじ

紀元前1300年。最強の王国として名をはせるエジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼ(クリスチャン・ベイル)は、兄弟同然のような固い絆で結ばれていたはずのエジプト王ラムセス(ジョエル・エドガートン)とたもとを分かつ。その裏には、苦境に立たされている40万にも及ぶヘブライの人々を救わねばならないというモーゼの信念があった。そして、彼らのための新天地「約束の地」を探し求めることに。過酷な旅を続ける一方で、彼はエジプトを相手にした戦いを余儀なくされていく。

エクソダス 神と王:予告動画↓

感想

けっこう評判がイマイチだったので、期待せずに観に行きましたが・・・

十分面白い作品でしたhappy01

奇跡に導かれた英雄モーゼが40万人ものヘブライ人を救う物語でしたgood

Photo

栄華を誇る古代エジプト王家の養子モーゼが、自らの数奇な出生の秘密を知り、兄弟同然に育ったエジプトの新王ラムセムと決別することに・・・

その数奇な出生の秘密とは?

紀元前1300年、多くのヘブライ人が暮らす古代エジプト。

ヘブライ人を救う男が誕生するという予言を恐れ、産まれた男児を殺すようファラオ(エジプト王)が命じたため、ヘブライ人だったモーゼの家族は、赤ん坊だったモーゼをバレないように川に流がす。

しかし、エジプトの王女に拾われ、王子のラムセスと兄弟同然に育てられていたhappy01

Photo_2

この二人はめっちゃ仲が良いというような設定ですが、けっこうあっさりモーゼを追放したりと(死刑にするよりはいいんだけど・・・)

二人の友情の深さがいまいち伝わらなかった・・・

そのせいで、後半の二人の戦いの盛り上がりに欠ける部分もあり残念coldsweats01

そこら辺が、惜しい部分ですsweat02

Photo_3

追放さらたところで、嫁をもらい子供も授かるflair

でも、子供の姿をした神の使いが現れ・・・

殺されている同胞を救えsign03

とお告げを授かる・・・迷いながらも・・・

やがて、エジプト人による虐待から救うため、40万のヘブライ人を“約束の地(現在のパレスチナ)”へ導くため、モーゼはエジプトに戻るのです。

ファラオとなったラムセスが圧政の限りを尽くし、奴隷を虐待していますsign01

ラムセスにヘブライ人の退去を提案するが、拒否されてしまいます。

地下組織チックな戦いで、ヘブライ人を救おうと頑張るモーゼですが・・・

щ(゚Д゚щ) 手ぬるい100年かかるぞsign03

っとばかりに神の使いが現れ、エジプトにとって災いとなる

“10の奇跡”でガンガンやっちゃいますsweat01

10の奇跡とは?どんなものなのか?っていうと・・・

10の奇跡sign01

Photo_4

1.ワニが大量発生し、人に襲い掛かりますsign02

2.魚が大量に死にますsign01

3.ナイル川が魚の死骸などで血に染まりますsign01

4.川から逃げた、カエルが大量発生sign01

5.カエルが全部死んで、アブが大量発生sign01

6.アブに刺され、みんな顔にできものができるsign02

7.エジプト全土にクソでかい、ひょうが降るsign03

8、イナゴが大量発生し、食物が食い荒らされる・・・

9.三日間暗闇に覆われるsign01

10.最後には全エジプト人の長子が死に至るというものですsign01

10

この10の奇跡の映像がとにかくすごいsign01

映像だけでも、この映画は見る価値がありますねsign01

しかし、この奇跡で動物やら人間やら虫やら、色々死んじゃいますsweat02

どんだけドSな神なんだ・・・っと驚きましたよcoldsweats01

そして、ついにラムセスはヘブライ人の退去を認めるのですsign01

モーゼたちはエジプトを脱出するが、気の変わったラムセス率いるエジプト軍は猛追してきますsign01

Photo_5

ここら辺のモーゼの心理描写がさすがのクリスチャン・ベイルで上手かったですねsign01モーゼは道に迷っちゃってるし 人々はモーゼの指示待ってるし

追っ手はすぐそこに迫って来ちゃってるし

モーゼたちは紅海に追い詰められ、誰もが絶体絶命だと覚悟するが…

いよいよ、海が割れる名シーンが出てくるのかと思いきや・・・

Jpg

大津波来ちゃいましたsign01

この映像が、またすごいsign01ド迫力ですsign01

Photo_6

ここで、ラムセスとモーゼの一騎打ちみたいになるんですけど・・・

二人共、津波の飲まれて終わり・・・

しかも、二人共生きているという衝撃的な展開で終わりですsweat02

ちょっと、ラストにもう一展開欲しかったですねsweat02

ラストは十戒を書いて年老いたモーゼがヘブライ人たちと旅をしてる姿でENDですdash

十戒の内容

1.神が唯一の神である

2.偶像を作ってはならない(偶像崇拝の禁止。別の神を作っても拝んでも仕えてもならない)

3.神の名をみだりに唱えてはならない

4.安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ(6日間働いてすべての仕事をし、7日目はどんな仕事もしてはならない)

5.あなたの父と母を敬え

6.殺してはならない

7.姦淫してはならない(結婚前、配偶者以外との性行為)

8.盗んではならない(誘拐を指しているとの見解もある)

9.偽りの証言をしてはならない

10.隣人の家を欲しがってはいけない(妻、奴隷、牛、ろば等全て)

ですshine映画には内容でないけど参考までにgood

いや~なかなか壮大な物語でしたねhappy01

すごいお堅い映画で、難しく長いというイメージを持っていたんですけど・・・

全然そんなことなく2時間30分あっという間でしたねhappy01

オススメ歴史ドラマっすねsign01

スポンサーリンク

« 「大統領の執事の涙」 | トップページ | 「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」 »

コメント

こんにちは~。モモパパです。
この作品。
さかんにテレビのCMで流れてますよね。
これはチェックしなきゃ。

若い頃に、チャールスト・ヘストン主演の「十戒」を観、こんな凄い映画があるのだと驚いたことがありました。例の「海が割れる」部分です。
俺も紹介頂いた今回の作品、観に行きたいと思っています。
紹介有難うございました。

私もその昔、父に連れられて「十戒」を観ました。海が割れるシーンは凄かった・・・。
でも今回はもっとスケールが大きいようですね。
CGはやはり凄い!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ
波とかすごいっすねw さすが、A級って感じですな!!!

個人的には、10の奇跡の6番目がめっさウケました (笑)

動物が大量に死ぬんすか !Σ( ̄□ ̄;)
これは自分、観れないなぁw 動物死ぬシーンが苦手なもんで (笑)

こんばんは。ジョニータピアさんのコメ欄にたどり着くの、おばちゃんには大変でしたweepやっとめっけ!やっぱり若い人のページは
違いますね。ようやくPCいじってるフーミンは感心する事しきり!「映画エクソダス神と王」私の
好きなジャンルです。近じか見ようと思ってたところです。が、が?以前ずっと昔これとよく似たのを見ました。タイトル「モーゼの十戒」これの
リメークかな?でも見てきます。3人の日本の宝
しっかり育ててくださいね。

こんにちは。
すごい迫力の作品でした。
ブログ内に書かれていらっしゃる「モーゼの十戒」…私は最初、これにスポットをあてた作品かと最初勘違いして鑑賞したものですから、もう、ただただ迫力に飲み込まれてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/61063842

この記事へのトラックバック一覧です: 「エクソダス 神と王」 10の奇跡がすごい:

» エクソダス:神と王 Exodus:Gods and Kings 予告編では理解し得ない、予想外の大満足に驚き! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
予告編をみて、イマイチっぽくね?、と思っていた。 ひょっとして「エクソダス」ではなく、「エ?クソだす」なんてくだらないギャグまで思いついた(笑) とはいえ、監督=リドリー・スコットと聞けば、観るしかない・・・ 何たって歴史物だけでも、「グラディエータ...... [続きを読む]

» エクソダス:神と王〜ISIL拘束事件に通じる驚愕 [佐藤秀の徒然幻視録]
「日没までに要求を受け入れよ」 公式サイト。原題:Exodus:Gods and Kings。リドリー・スコット監督、クリスチャン・ベイル、ジョエル・エドガートン、ベン・キングズレー、アーロン・ ... [続きを読む]

» エクソダス:神と王 [いやいやえん]
【概略】 紀元前1300年。最強の王国として名をはせるエジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼは、兄弟同然のような固い絆で結ばれていたはずのエジプト王ラムセスとたもとを分かつ。その裏には、苦境に立たされている40万にも及ぶヘブライの人々を救わねばならないというモーゼの信念があった。そして、彼らのための新天地「約束の地」を探し求めることに。過酷な旅を続ける一方で、彼はエジプトを相手にした戦いを余儀なくされていく。 史劇 映画館鑑賞。 旧約聖書の出エジプト記に登場する、モーゼ... [続きを読む]

» エクソダス:神と王  3D日本語吹き替え版 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
旧約聖書の「出エジプト記」を題材にした歴史スペクタクルアクション大作だ。10の奇跡や海が割れるシーンも実際にあったと思えてくるから不思議なのだ。3Dで見ると、まるで体験しているようだった。登場人物が人間的に描かれているのもいい。星5個。... [続きを読む]

» エクソダス:神と王 (試写会) [風に吹かれて]
誰と居るのが幸せ? 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/exodus 監督: リドリー・スコット 紀元前1300年。エジプトの王家一員として育ったモーゼ(クリスチャン・ [続きを読む]

» エクソダス:神と王 [Akira's VOICE]
叙事詩というより自伝的な。   [続きを読む]

» エクソダス:神と王 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3.5点】(11) モーゼの一大叙事詩のようなストーリーも [続きを読む]

» 王の涙 イ・サンの決断 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
王の涙 イ・サンの決断 14:韓国 ◆原題:#50669;#47536; ◆監督:イ・ジェギュ ◆出演:ヒョンビン、チョン・ジェヨン、チョ・ジョンソク、チョ・ジェヒョン、ハン・ジミン、キム・ソンリョン、パク・ソンウン、チョン・ウンチェ、ソン・ヨンチャン、イ・ド...... [続きを読む]

» エクソダス:神と王 [だらだら無気力ブログ!]
10の災いの映像は見応えあった。 [続きを読む]

» エクソダス:神と王 : 映像だけは最高の作品 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 ISILによる邦人拉致事件、最悪の結果となってしまいました。しかし、この結果を受けてムスリムの方たちに差別的発言をする方たちがいますが、味噌と糞を一緒にするなんて同じ日本 [続きを読む]

» 『エクソダス:神と王』 ~神とお付き合いするための適度な距離感~ [偏愛映画自由帳]
2014年/アメリカ/150分 監督:リドリー・スコット 出演:クリスチャン・ベール    ジョエル・エドガートン ■概要 原題は『Exodus: Gods and Kings』。旧約聖書の出エジプト記をもとにした、アメリカ製作による2014年のスペクタクル史劇です。監督は『エイリアン』のリドリー・スコット。主演は『リベリオン』のクリスチャン・ベールで、共演に『遊星からの物体X...... [続きを読む]

» エクソダス:神と王 [象のロケット]
栄華を誇る巨大王国エジプト。 王家の養子として育てられた男モーゼは、エジプト人に虐げられているヘブライの民を救うため、たった一人でエジプト王ラムセスに反旗を翻す。 目指すは、まだ見ぬ“約束の地”だった…。 アクション・アドベンチャー。... [続きを読む]

» 「エクソダス:神と王」 [ここなつ映画レビュー]
疑う余地のない大作である。空恐ろしい位に。リドリー・スコットといえば、×(かける)ラッセル・クロウの「グラディエーター」だけれど、そして確かにアレも痺れてあまりにも鮮明に記憶に残っているけれど、今回も迫力は健在である。軍馬の駆ける地響きの音、馬車の車軸の軋む音。矢が放たれ、刃が敵をなぎ倒す。活劇だなぁ〜。ホンットに活劇だ。受難とか奇跡とか十戒とか、もうどうでもいい位の活劇。肉弾戦は少ないものの、戦闘シーンはすごいものがあるし、加えて「神」が放った災いの数々が底知れぬ迫力であった。実の兄弟同様に育って... [続きを読む]

« 「大統領の執事の涙」 | トップページ | 「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」 »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ