スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「FLU 運命の36時間」 新種の鳥インフルエンザウイルスが韓国に(;゚Д゚)! | トップページ | 『海を感じる時』 市川由衣、ヌードラブシーンの相手役・池松壮亮に「見せられないものはない」と全幅の信頼 »

2014年9月14日 (日曜日)

『猿の惑星: 新世紀(ライジング)』 あらすじ&ネタバレ 続編

猿達の逆襲が始まったsign03

名作SF『猿の惑星』の前日譚猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編sign01

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」観てきましたsign01

ウイルスによって滅亡状態に陥った人類と、遺伝子の進化を経て知能や言語を得た猿たちとの対峙が思わぬ事態を引き起こしていくのですsign01

前作に引き続き、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役を演じたアンディ・サーキスがモーションキャプチャーを駆使し、猿のリーダーとなるシーザーを超熱演sign01

その脇を『ホワイトハウス・ダウン』などのジェイソン・クラークや『裏切りのサーカス』などのゲイリー・オールドマンが固めていまっすsign01

人類が衰退した世界の衝撃的なビジュアルに言葉を失うこと間違いなし

2014年9月19日上映開始sign01

Photo_10

作品情報

英題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES
洋画:SFアクション
製作年:2014年
製作国:アメリカ
日本公開:2014年9月19日
上映時間:2時間11分
猿の惑星:新世紀ライジング:公式サイト

オススメ度:★★★★★★★★
       (最高です
happy02)

あらすじ

自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。人類のコミュニティーでは、衰退を食い止めるためにも、猿たちと対話すべきだとする者、再び人類が地球を支配するべきだとする者たちが、それぞれの考えに従って動き出す。一方、猿たちを率いるシーザー(アンディ・サーキス)は、人類と接触しようとせずに文明を構築していた。

猿の惑星:新世紀ライジング:予告動画↓

感想

先行上映で行ってきました~(  ̄▽ ̄)

やっぱ最高でしたshine

名作SF『猿の惑星』の前日譚として、高度な知能を備えた猿達の人類への反乱を映像化し、大反響を読んだ「猿の惑星:創世記(ジェネシス)sign01

その10年後の猿と人類の運命を描く「猿の惑星:新世紀(ライジング)」sign01

すでにアメリカなどで公開され前作を上回るヒットを更新中だそうですgood

全米での興収は、2億6百万ドル、現時点で2014年度の全米興収第7位という好成績sign01

制作費は1億7千万ドル、十分に儲けていますねshine

世界興収は6億4千万ドルを超えていて、こちらも2014年世界興収第7位という成績flair

日本での公開は9月19日からなので、まだまだ上積みが見込めますねhappy02

だって面白いんですものgood

ちょっと前作から今作での世界の変化に納得いかない方は、前作から今作の空白の10年間を描いた前日譚小説『猿の惑星 ファイヤーストーム』をご覧頂いたら良いと思いますgood

この小説もめっちゃ面白いですよgood

※これより完全ネタバレですので、注意してください

Photo

前作から10年後・・・

モンキーゲート事件の後に山へ逃げ込んだサル達はコミュニティ(共同体)を築き上げて暮らしていますdash

だいたい2000頭くらいになっていて、第2世代も産まれていますshine

猿たちは、手話と言葉を組み合わせた独自のサインランゲージでコミュニケーションをとっていますcoldsweats02

猿たちが言葉を発見し理解しここまでになるのにかかった時間は10年・・・

人類が数百万年かかったといわれる進化を超短時間で成し遂げていますcoldsweats02

ちなみに軽く前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」のおさらいをしますと

サンフランシスコの製薬会社研究所に勤める神経化学者ウィル(ジェームズ・フランコ)が実験用に観察していた一匹のチンパンジーに驚くべき知能の向上がみられていた。そのチンパンジーには開発中のアルツハイマー病の新薬が投与されていたのだった。

だが、突如暴れ出し、アルツハイマー病新薬のプロジェクトは中止となる。さらに、そのチンパンジーは警備員に射殺されてしまう。だが、チンパンジーは妊娠しており、ウィルは生まれたばかりの赤ん坊猿を自宅に連れ帰り「シーザー」と名付けて育てることにする。

3年後、ウィルのもとですくすくと育ったシーザー。ウィルとシーザーとの間には強い絆が生まれており、同時に母親のチンパンジーの特殊な遺伝子を受け継いだ彼は、類いまれな知性を発揮し始めていく。

新薬が脳を活性化させる効果を確信したウィルは、研究所から持ち出したその薬をアルツハイマー病の父・チャールズに投与、すると翌朝、彼はそれまで悪化していた病状が嘘のように生気を取り戻す。

5年後。チャールズが再び病状悪化の兆候を示し、隣人とのトラブルを引き起こす。その様子を屋根裏部屋から目撃したシーザーは、チャ-ルズを助けようとしてその隣人を傷つけてしまい、霊長類保護施設に入れられる。

檻に閉ざされた施設で、シーザーを待ち受けていたのは飼育長の陰湿な虐待だった。その一方で、なかなか施設内の猿のコミュニティに溶け込めずにいたシーザーは、チンパンジーの群れを率いるボスとの争いに勝利を収め、全ての猿たちをひとつのグループにまとめ上げていく。

一方、ウィルはより強力に改良した新薬の実験を行うが、猿への投与中に薬を浴びたウィルの同僚が原因不明の体調不良を訴えた後、おびただしく出血し、その後、謎の死をとげる。

その新薬は、猿たちには知性向上の助けとなるが、人間たちにとっては命を失う危険なウィルスだったのだ。

ウィルは施設を訪れるが、シーザーはウィルが差しのべる手を拒絶。知性に目覚め、人間の愚かさに失望し、ウィルさえも想像できない驚異的な進化を遂げたシーザーは、このときすでにある決意を固めていた。

やがて高い知能を駆使し施設から脱出したシーザーは、今や固い絆で結ばれた仲間のチンパンジーらと共に、新薬を作ったジェネシス社を襲い!皆パワーアップ!人類との壮大な全面戦争を起こすのだった。

これが、モンキーゲート事件ですgood

猿たちにより、人間たちは窮地に追いやられていく。シーザーを止めるべく、ジェイコブスは「家に帰ろう」と語りかける。シーザーは、「私たちは既に家に帰っているんだ」と、森を指す。

一方で、新薬として開発されたウィルスは、世界中に広まりつつあった・・・

といった感じで「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」は描かれていますsign01

ちなみに、その後そのウイルスは、猿インフルエンザとして世界中に猛威を奮い抗体を持ってない人類は死を迎えたようです・・・

さらに人類間での争いもあり、500分の1の人口になったらしい・・・

世界中で5000万人ほど?

抗体を持っている人々は,廃墟となった各都市でほそぼそと暮らしていますっが、発電所などが止まっているために電気がなく困っているのですcrying

猿達の山(ミュアーの森)に近い都市サンフランシスコのリーダーは、ゲイリー・オールドマンが演じていますgood

Photo_4

そして、電気を取り戻すためにダムの水力発電所を動かす必要があり、マルコム(ジェイソン・クラーク)一行はサル達のコミュニティがある山へと侵入するのです・・・

Photo_2

しかも、遭遇した猿に銃をぶっ放したもんだからさー大変sign02

サル達怒り心頭です・・・

でも、人間との争いを好まないシーザーは人間を追い払うだけで許しますsign01

ここで、本作でシーザーと深い友情が芽生えるマルコムと出会いますshine

一人でシーザーに会いに来て信じてくれというマルコムとの出会いによって、シーザーの内なる人間性が復活したのか?葛藤が生まれてきますgood

Photo_5

人間と猿も共存できるんじゃないんだろうか?

そんな気持ちになってきますcatface

Photo_3

そんなシーザーにイラつきを隠せないのがコバですsign01

過去、人間にひどい仕打ちを受け、人間を敵視しています。

今回は、シーザーとマルコムの間で交流がある一方、コバは人間への不信感の塊になってしまいます・・・

その不信が募って募って・・・

コバはシーザーを撃っちゃうんですよねsign01

しかも、人間の仕業に見せかけて・・・そしてコミュニティを乗っ取り人間に戦争を仕掛けますsign01

猿にも、こんな外道がΣ(゚д゚lll)・・・いや進化したということでしょうねsweat01

自分に従わない、シーザー派のロケットの息子、アッシュを殺したシーンはなかなか強烈でしたsign03

Photo_6

猿たちに占領されるロサンゼルス・・・

戦闘シーンは迫力満載ですsign01

そして、瀕死の重傷を負いながらも生きていたシーザーをマルコムたちが助けますsign01

介抱するのに選んだ家は、シーザーがウィルと共に過ごした家・・・

思い出に浸るシーザーに涙しますcrying

そして、復活したシーザーはコバに戦いを挑むのですsign01

シーザー VS コバ のシーンも見事sign01

コバの悪党加減も最期も、最高の終わり方でしたhappy02

そして、ハッピーエンドと思いきや・・・

シーザーは人間との戦いを決意するのです・・・

ロサンゼルスには、無線で呼ばれた軍隊が近づいており

今回の事件で、人間は猿を許さないだろう・・・っとシーザー

皆を守るために、人間と戦うしかないのです・・・

Photo_7

このシーンは、号泣しちゃいますcrying

共存できると思っていた二人・・・

シーザーの悲しさが、めっちゃ伝わってきて泣いてしまいますweep

悲しい別れのシーンですcrying

そして、人類 VS 猿 の本当の戦いが幕を開けるのですsign01

これ絶対、続編出るでしょうねsign01

ってか絶対やってもらいたいshine

リメイクで、元の猿の惑星もやってもらいたいsign01

前作も、最高でしたが今作もパワーアップしてますしねhappy01

前作の終盤で戦闘状態に陥った猿と人類を単純な同士として描かず、それぞれの家族愛や平和を願う思いに迫っているのが、本作のドラマ的な奥深さとなっていますshine

思慮深いシーザーと、彼と心を通わせる人間マルコムの葛藤、そして生き延びるための重大な決断が、観る者の共感やスリルを誘いながらエモーショナルに描かれていますgood

さらには、ビジュアル面でも前作を凌ぐリアリティと迫力を実現し、人間と猿の壮絶バトルを映像化sign01

その迫力ある映像には心踊らされますshine

リーダーとしてのプライドと資質が試される試練に直面したシーザーが、クライマックスで身を投じる死闘に息をのまずにはいられませんsign01

ずしりと、胸に響くドラマと、極限のスペクタクルみなぎるアクションsign03

地球の支配者を決する、新世紀の夜明け・・・

至高のオススメSFアクション映画sign03

是非映画館でご覧下さいflair

スポンサーリンク

« 「FLU 運命の36時間」 新種の鳥インフルエンザウイルスが韓国に(;゚Д゚)! | トップページ | 『海を感じる時』 市川由衣、ヌードラブシーンの相手役・池松壮亮に「見せられないものはない」と全幅の信頼 »

コメント

タピアさま
今日は。
「猿の惑星」私が観た一番最初はもう何年前でしょうか?
次の作品も観たと思います。
タピアさまお勧めのこの作品、折りを見て是非観たいと思います。
いつも丁寧な作品紹介!流石です!

ジェネシスもとても良かったので、期待度高いです!
ジョニーさんの評価も最高だったので、ますます楽しみ。
早く観に行きたいなあ。

映画の感想に引き込まれ、感動場面が甦ってきました。1968年に最初の猿の惑星から比べて(再放送でみたんですよ、当時ではありません、汗)このFXの進化に目を見張りました。俳優さんたちの努力にも脱帽ですね。次のシリーズが待ちきれないです。今お休みされているのですか?是非復活してくださいね、待ってます。文章がお上手で引き込まれるように読んでしまいました。

マイリさんへ

嬉しいお言葉ありがとうございます(  ̄▽ ̄)

猿の惑星次のシリーズが楽しみですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/60304002

この記事へのトラックバック一覧です: 『猿の惑星: 新世紀(ライジング)』 あらすじ&ネタバレ 続編:

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) / Dawn of the Planet of the Apes [勝手に映画評]
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。前作から10年後の世界を描いている。 冷静に考えてみて、これって、人類そのものではないのか? この作品では、資源=電力の確保をめぐり、資源の有るところ=ダム、居住しているグループ=猿たちと、資源の欲しいグループ=...... [続きを読む]

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [象のロケット]
天性のリーダーシップで2000頭の猿を統率するシーザーは、サンフランシスコ郊外の森の奥深くに、巨大なコミュニティを築き上げていた。 一方、10年前に世界的に拡散したウイルスの影響で人類の大半は死滅しており、免疫を持つわずかな生存者たちが、荒廃したサンフランシスコ都市部で共同生活を送っていた。 互いの存在を忘れつつあった人間と猿は森で遭遇し、互いにパニックに陥ってしまう…。 SFスリラー。... [続きを読む]

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) : ”知能”がもたらす悲劇とは [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 横浜DeNAの中村ノリ、3度目のFA宣言するみたいですね。どこの球団が、彼のような我がままデブを採るのでしょうか。本当に、懲りない人ですなぁ。では、本日紹介する作品はこち [続きを読む]

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
猿の英雄シーザーを中心に山の中で文明的な生活を構築しているのに対して、人間は絶滅の危機に陥っている。二つの集団が共存できるのか敵対するしかないのか、猿社会と人間社会それぞれの葛藤が繰り広げられる。猿も人間も同じように苦悩するのが物語に深みを与えている。見... [続きを読む]

» 猿の惑星:新世紀 ライジング Dawn of the Planet of the Apes 131分に渡りダレること皆無。満足度高し! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
前作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)を、当ブログは以下のように褒めている。 <「老い」とは #8232;<「親子の絆」とは #8232;<「人格」とは #8232;<「愛情」とは #8232;<「人権」とは#8232; <「尊厳」とは#8232;#8232; <な...... [続きを読む]

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [風に吹かれて]
恐れや憎しみは戦争を生む 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-r 監督: マット・リーヴス  「クローバーフィールド/HAKAISHA」 「モールス」 [続きを読む]

» 映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」良い悪いは見方次第、どうしても共生は出来そうにない [soramove]
映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」★★★★ アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、 ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル出演 マット・リーヴス監督、 131分 2014年9月19日日本公開 2014,アメリカ,20世紀フォックス (原題/原作:DAWN OF THE PLANET OF THE APES) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気な... [続きを読む]

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [だらだら無気力ブログ!]
前作同様、大変面白かった。 [続きを読む]

» [映画][☆☆☆★★]「猿の惑星: 新世紀」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「モールス」のマット・リーブス監督、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェイソン・クラーク×「ロード・オブ・ザ・リング」のアンディ・サーキス主演。2011年公開の前作「猿の惑星:創世記」から10年後の世界、進化した猿たちと、生き残った人類との交流と、避けられ... [続きを読む]

» 猿の惑星:新世紀(ライジング) [とりあえず、コメントです]
2011年製作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編です。 前作で知性に目覚めたシーザーがその後どのように暮らし始めたのか気になってチャレンジしてみました。 戦争へ向かおうとする機運が動き始める中、何とか戦争を回避しようとするシーザーの 必死の戦いに胸を打たれるような作品でした。 ... [続きを読む]

« 「FLU 運命の36時間」 新種の鳥インフルエンザウイルスが韓国に(;゚Д゚)! | トップページ | 『海を感じる時』 市川由衣、ヌードラブシーンの相手役・池松壮亮に「見せられないものはない」と全幅の信頼 »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ