スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 『海を感じる時』の市川由衣演じる「ウザい女」が女性に共感! | トップページ | 「サイコメトリー ~残留思念~」 幽霊は残留思念だと思う »

2014年9月11日 (木曜日)

「ダラス・バイヤーズクラブ」 ロン・ウッドルーフの実話

エイズで余命30日と宣告されたら・・

1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイ、ロン・ウッドルーフの半生を映画化した実話人間ドラマsign01

HIV陽性と診断されたカウボーイを『マジック・マイク』などのマシュー・マコノヒーが演じ、21キロも減量しエイズ患者という難役に挑んだsign01

『チャプター27』などのジャレッド・レトー、『JUNO/ジュノ』などのジェニファー・ガーナーが共演sign01

監督を『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のジャン=マルク・ヴァレが務める

2014年9月2日レンタル開始sign01

Photo_5

作品情報

英題:THE DALLAS BUYERS CLUB
洋画:実話ドラマ
製作年:2011年
製作国:アメリカ
日本公開:2014年2月22日
上映時間:1時間57分
ダラス・バイヤーズクラブ:公式サイト

オススメ度:★★★★★★☆☆
                    (面白い
happy01)

あらすじ

1985年、電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。アメリカには認可治療薬が少ないことを知った彼は代替薬を探すためメキシコへ向かい、本国への密輸を試みる。偶然出会った性同一性障害でエイズを患うレイヨン(ジャレッド・レトー)と一緒に、国内未承認の薬を販売する「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立するが…

「ダラス・バイヤーズクラブ」:予告動画↓

感想

1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイの半生を映画化した実話人間ドラマgood

マシュー・マコノヒーが、主人公であるエイズに罹ったロン・ウッドルーフを演じるため21キロにおよぶ減量を達成して役作りに挑み、第86回アカデミー賞で主演男優賞を受賞していますsign01

Photo_4

ロン・ウッドルーフ(左)とマシュー・マコノヒー(右)ですgood

マシュー・マコノヒーアカデミー納得の演技でしたshine

1985年、アメリカ南部に位置するテキサス州。電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、多くの女性と性行為を重ねた末、HIV陽性で余命30日との診断がくだるsign03

Photo_5

突然の事態に驚き、エイズについて猛勉強するロン・・・

余命30日の厳しい現実・・・

しかし死の恐怖より残酷だったのは、手のひらを返したような仲間の態度、会社のそして社会からの差別・・・当時はホモがかかるとされていたようですsweat01

アメリカでは認可されている治療薬が少ないため代替治療薬を求めて向かったメキシコで、エイズに効く治療薬を見つけ、エイズに効く未認可医薬品やサプリメントを密輸できないかと思いつくgood

同じくエイズ患者であるトランスセクシュアルのレイヨン(ジャレッド・レト)とともに非合法組織ダラス・バイヤーズクラブを設立し新薬の提供を始めたところ、友人や顧客のおかげでネットワークはどんどん拡大し、ロンは日々世界各国を飛び回って特効薬を探していた。

始めは、大儲け!ピンチをチャンスに変えたんだな~っと思っていたけど

そんな彼に司法当局は目をつけ、薬は没収されどんどん貧乏に・・・

でも彼はエイズ患者のために薬を手に入れるために財産を失いながらも頑張るのですsign01

あれ、この人すごいいい人・・・何か変わった?

彼を変えたのは・・・

彼のビジネスパートナーである性同一性障害でエイズを患うレイヨン(ジャレッド・レトー)

Photo_6

彼と一緒に始めた会員組織「ダラス・バイヤーズクラブ」!

エイズ患者の為の、唯一の希望となるのですflair

レイヨンが死んだときは号泣ですよcrying

会費を取る代わりに、承認されていない薬を配布する。そのやり方は、非合法的・・・

病院からの薬の横流に始まり、密輸は当たり前・・・

やってることは法律違反ですが、エイズ患者を救う唯一の道なのですsign01

当然、政府のお偉いさんからは、目を付けられますが製薬会社とつながり

イマイチ効かない薬を配布する役人には腹が立ちますannoy

たレイヨンが命を落とし、クラブも閉鎖・・・

そして、裁判となり、被告人となったロン・・・

敗訴するも、事務所に帰ってきた彼を優しく迎えてくれた仲間たちの姿に、感謝の気持ちでいっぱいになり涙ぐむ姿に、こちらも大粒の涙が零れました。

限りある命・・・

それを生かすも殺すも自分次第だと改めて教えてくれる素晴らしい映画でしたgood

オススメ実話映画ですgood

スポンサーリンク

« 『海を感じる時』の市川由衣演じる「ウザい女」が女性に共感! | トップページ | 「サイコメトリー ~残留思念~」 幽霊は残留思念だと思う »

コメント

こんにちは~。モモパパです~。
この作品。
是非観てみたいです~。
実話モノですか~。

おはようございます。

コレ、観ましたよ。
レビューはいつ書けるか分かりませんがsweat02

エイズを告知された時、ロンが納得できなかったのは自分はゲイではないのにということで、まわりから、そう思われることに腹が立って、腹が立ってしょうがなかったようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/60264826

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダラス・バイヤーズクラブ」 ロン・ウッドルーフの実話:

» ダラス・バイヤーズ・クラブ [風に吹かれて]
死にたくない! 公式サイト http://www.finefilms.co.jp/dallas 監督: ジャン・マルク=マレ  「ヴィクトリア女王 世紀の愛」 実話を基にした映画 1985年、テキサス [続きを読む]

« 『海を感じる時』の市川由衣演じる「ウザい女」が女性に共感! | トップページ | 「サイコメトリー ~残留思念~」 幽霊は残留思念だと思う »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ