スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「海を感じる時」で市川由衣が過激ヌードに!anan過激画像も | トップページ | ダイエットサプリでオススメ効果的ダイエット(  ̄▽ ̄) »

2014年5月31日 (土曜日)

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 ジョーダン・ベルフォートの実話を映画化

 実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を

映画化した実話ドラマsign01

1980年代から1990年代のウォール街で、若くして大金を稼ぎ
その後証券詐欺の容疑で逮捕された彼の栄枯盛衰を見つめていく
sign03

監督と主演は『ディパーテッド』『シャッター アイランド』などで
コンビを組んできた
マーティン・スコセッシレオナルド・ディカプリオ
flair

事実とは思えないほどのジョーダン・ベルフォードの
エピソードもさることながら
ジョナ・ヒルマシュー・マコノヒーら、実力派の共演にも注目
good

2014年5月28日レンタル開始sign01

Photo_3

作品情報

英題:THE WOLF OF WALL STREET
製作年:2013年
製作国:アメリカ
日本公開:2014年1月31日
上映時間:2時間59分
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
ウルフ・オブ・ウォールストリート:公式サイト

オススメ度:★★★★★★☆☆
       (面白い
happy01)

あらすじ

学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がっていく。そして26歳で証券会社を設立し、約49億円もの年収を得るまでに。富と名声を一気に手に入れ、ウォール街のウルフという異名で呼ばれるようになった彼は、浪費の限りを尽くして世間の話題を集めていく。しかし、その先には思いがけない転落が待ち受けていた

予告動画↓

感想

ジョーダン・ベルフォートとは?

Photo_3

こんな人です☝

詳しく知りたい方は⇒ジョーダン・ベルフォートを詳しくサイト

映画を見る限り・・・けっこうダメな人ですねsweat02

この映画は、『ウォール街狂乱日記 - 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』

という彼の自伝を映画化したものですが・・・

その自伝がヤバすぎる・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

Photo

ウォール街で、のし上がりsign01

金、ドラッグとセックスに溺れた彼の凄まじいライフスタイルがヤバすぎますsweat02

とにかく、印象に残ったのが・・・

ドラッグとセックスsign03Σ( ̄ロ ̄lll)

ドラッグの使用量が半端ないsweat01

よくこの人生きてるな~っとある意味感心させられますcoldsweats02

この映画でのワイルドなライフスタイルに魅了されますが・・

実際は、お金をだまし取った詐欺師であり、刑務所に入り

実刑を短くするために、仲間を売ったクソ野郎なんすけどねsweat02

Photo_2

ちょい役ですが、マシュー・マコノヒー が出てましたflair

やはり存在感ありますgood

この映画で描かれていることは、ほとんど実際にあった実話だそうで

印象に残るシーンの

・嵐の中を無理矢理出航して荒波に飲み込まれ、ヨットが沈没する話

・沈没する船内でダニーに「Quaaludes」(薬物)を取りに行かせた話

・社内で、$10,000で女性社員の頭を丸刈りにした話

・社内で小人をダートボードに投げて遊んだ

・社内に「セックス禁止区域」のサインを貼った

・相棒ダニーが同僚の金魚を食べた

等全部実話だそうですsweat01

それを、マーティン・スコセッシとレオナルド・ディカプリオがいつもの感じで
演じていますgood

こういう役は、レオナルド・ディカプリオの十八番ですねshine

それでも今回は過激sign01

レオナルド・ディカプリオがケツ丸出しで、腰を振ったりしているシーンなど

怖いシーンもないのに・・・R-18sign03になるだけはありますdash

Photo_3

エロティック要素満載ですheart04

でも、実話だけに盛り上がりに欠けるかも?

同じような展開で、3時間はちょっと長いかな・・・sweat02

面白いですけどねhappy01

第86回アカデミー賞において作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、
脚色賞の6部門にノミネートされた作品だけあって

さすがの作りでは、ありますgood

ラストは、ベルフォート役のレオナルド・ディカプリオがセミナーを

開いているようなシーンでENDですが

実際も、ベルフォートは出所してから2冊の本を出版し

現在は彼の営業理論「ストレート・ライン・営業テクニック」の講演で
全国をまわっているそうですshine

映画のおかげで彼の本とセミナーは爆発的に売れ、彼の信者も
増えているそうですhappy02

こんな過激な人生を送った、ジョーダン・ベルフォートさんも

現在は落ち着いたのでしょうか?

なかなか、すごい実話映画でしたhappy01

ではまた( ̄^ ̄)ゞ

スポンサーリンク

ぽちっとヨロシクsign01downwardleftウチのタピアです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

« 「海を感じる時」で市川由衣が過激ヌードに!anan過激画像も | トップページ | ダイエットサプリでオススメ効果的ダイエット(  ̄▽ ̄) »

コメント

こんにちは。モモパパです。
コレ。
全部実話なんですね。
いや~。
スゴイ人が居たもんだ。
レオ様もさすがに戸惑ったのでは・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/59676144

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 ジョーダン・ベルフォートの実話を映画化:

» ウルフ・オブ・ウォールストリート [風に吹かれて]
電話しまくれ~~[E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E [続きを読む]

» 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 [ここなつ映画レビュー]
レオナルド・ディカプリオ、あっぱれ。ずっと思ってたけどたいした役者だ。私はこの作品、好き。大好き。究極、一人の男の栄光と転落の人生を描いたものなのだけれど、なんというパワフルな作りだろうか。特殊な状況下のパワフルというだけでなく、全ての面でパワフル&ゴージャス。それに、バブル期の某業界を知っている私にしてみれば(他の業界は知りませんが)、証券業界の狂乱の様相は、別業界なるも生々しいまでにリアル。粗筋です。最初に就職した超一流証券会社が、ブラックマンデーで倒産。「あなたは証券マンでしかあり得ない」との... [続きを読む]

« 「海を感じる時」で市川由衣が過激ヌードに!anan過激画像も | トップページ | ダイエットサプリでオススメ効果的ダイエット(  ̄▽ ̄) »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ