スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« キアヌ・リーブス 激太る・・そしてハゲる・・・(ノД`) | トップページ | 「隣人 ネクストドア」 恐怖の隣人トラブルΣ(゚д゚lll) »

2014年3月20日 (木曜日)

「ランナウェイ/逃亡者」 実在の過激派組織〝ウェザーマン〟とは?

 俳優や監督として、オスカー受賞作『普通の人々』など数々の
名作に携わってきたロバート・レッドフォードが監督、主演を
務めた社会派サスペンス
sign01

反体制活動を展開した実在の過激派組織を題材に、素性を隠して
30年間暮らしてきた元幹部が、当時の仲間の逮捕によりFBIと
記者から追われるさまを描く
sign01

若手記者を『欲望のバージニア』のシャイア・ラブーフ
が熱演するほか、スーザン・サランドンリチャード・ジェンキンス
クリス・クーパーら豪華共演陣が物語を盛り上げるshine

2014年3月5日レンタル開始sign01

ポスター

作品情報

英題:THE COMPANY YOU KEEP
洋画ドラマ  >  ミステリー
製作年:2012年
製作国:アメリカ
日本公開:2013年10月5日
上映時間:2時間2分
配給:ショウゲート
ランナウェイ/逃亡者:公式サイト

オススメ度:★★★★★☆☆☆
                   (まあまあcatface)

あらすじ

1969年、ベトナム戦争反対を世に訴えるために連続爆破事件を起こした過激派組織ウェザーマンはFBIの最重要指名手配リストに記載された後、突如消息を絶つ。30年後、元メンバーの一人(スーザン・サランドン)が警察に捕まる。再び話題を呼んでいる事件を調査する新聞記者のベン(シャイア・ラブーフ)は、一見真面目そうな雰囲気のシングルファーザーの弁護士ジム・グラント(ロバート・レッドフォード)にたどり着く

映画「ランナウェイ/逃亡者」:予告動画↓

感想

ロバート・レッドフォード監督&主演のサスペンスアクションsign01

実在した過激派組織〝ウェザーマン〟をモチーフに、身元を偽り

30年間潜伏したすえ、再び指名手配された元幹部の逃亡劇を描くsign01

主人公のロバート・レッドフォードを追う記者をシャイア・ラブーフが

見事に演じていますgood

ウェザーマンとは?

Photo_2

組織名はボブ・ディランの曲「サブタレニアン・ホームシック・ブルース」

の若者文化のスローガンとなった一節

「You don't need a weather man to know which way the wind blows
(風向きを知るのに予報官は要らない)」

から付けられた。

メンバーは裕福な家庭出身の数十人の学生で現在では社会復帰している。

アメリカ最大だった反体制組織SDS(民主的社会を求める学生)を

飛び出した極左学生グループによって結成され、1969年にテロ活動を開始sign01

1970年に堂々とテロを行うと公表し国会議事堂、刑務所、マスコミ、大企業

などといった体制側に爆弾を仕掛け数多くの爆破事件を引き起こした。

1975年のベトナム戦争終結時に組織が崩壊dash

メンバーは他の組織に移るか自ら逮捕された。

現在、多くの元党員が社会復帰している

という事だそうですflair

そのウェザーマンを題材にしたこの映画はけっこう濃厚sign01

Photo_3

資本主義と共産主義が対立した冷戦の代理戦争と言うべきベトナム戦争

1969年、ベトナム戦争に反対を唱える過激派グループ“ウェザーマン”は

連続テロを開始sign01

FBIは彼らを最重要指名手配リストに入れるが、捜査の手をかいくぐり

忽然と姿を消す・・・

それから約30年。元“ウェザーマン”メンバーの一人が逮捕されたことを

契機に、再び事件が注目される。

Photo_5

新聞記者のベン(シャイア・ラブーフ)は事件を追ううちに、愛娘を

男手ひとつで育てている、一見すると過激派とは縁のなさそうな

弁護士のジム・グラント(ロバート・レッドフォード)に行きつく

ジムは、実はウェザーマンの幹部ミック・スローンで、30年前の

銀行襲撃事件の際、警備員殺害容疑で指名手配されていたsign01

その事が、ベンによって暴かれるsign03

Photo_4

危機を察したジムは逃亡sign01

FBIとベンが彼を追ううちに、銀行襲撃事件の真相へと近づいていく……

Photo_6

スリリングな逃亡劇に加え、社会の矛盾を突く深いドラマも見ごたえ

抜群sign01

レッドフォード、ジュリー・クリスティらベテラン俳優が、自らの正義を

信じて逃亡を続ける元過激派メンバーの苦しみを重厚な演技で体現shine

一方でラブーフは、関係者の抱える切実な事情を知って次第に

戸惑いを覚える、若き記者の心の揺れを丁寧に表現していますshine

正直、もっと面白くできただろうcatfaceっと思ってしまいます。

この豪華キャストで、いい味は出していますが・・・

家族愛というか、子供に対する愛のための様々な行動なんですが

ちょっと希薄に感じましたsweat02

もうちょい脚本良かったら大ヒットだったかも?

ではまた( ̄^ ̄)ゞ

スポンサーリンク

少しでもお気に入り頂けたらシェアお願い致します!<(_ _)> 

関連記事↓

「欲望のバージニア」 アメリカ禁酒法時代の映画

ぽちっとヨロシクsign01downwardleftウチのタピアです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

« キアヌ・リーブス 激太る・・そしてハゲる・・・(ノД`) | トップページ | 「隣人 ネクストドア」 恐怖の隣人トラブルΣ(゚д゚lll) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/59262834

この記事へのトラックバック一覧です: 「ランナウェイ/逃亡者」 実在の過激派組織〝ウェザーマン〟とは?:

» ランナウェイ/逃亡者 [風に吹かれて]
逃亡の理由 公式サイト http://www.runnaway.jp原作: ランナウェイ/逃亡者 (ニール・ゴードン著/ハヤカワ文庫)製作・監督・主演: ロバート・レッドフォード1969年、ベトナム戦 [続きを読む]

« キアヌ・リーブス 激太る・・そしてハゲる・・・(ノД`) | トップページ | 「隣人 ネクストドア」 恐怖の隣人トラブルΣ(゚д゚lll) »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ