スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「ミッドナイト・ガイズ」 アル・パチーノもお年・・・ あらすじ&ネタバレ | トップページ | 「フローズン・グラウンド」 あらすじ&ネタバレ アラスカの連続猟奇殺人犯ロバート・ハンセンの実話を映画化 »

2014年2月24日 (月曜日)

「少年H」 あらすじ&ネタバレ 間違いだらけで、原作は批判(ーー;) 映画は日本アカデミーノミネート

 1997年に発表されベストセラーを記録した、妹尾河童
自伝的小説を実写化したヒューマン・ドラマ
sign01

戦前から戦後までの神戸を舞台に、軍国化や戦争という
暗い時代の影をはねつけながら生きる家族の姿を見つめていく
flair

実際に夫婦でもある水谷豊伊藤蘭が、テレビドラマ
事件記者チャボ!」以来となる共演を果たし
少年Hの父母を演じる
shine

メガホンを取るのは、『鉄道員(ぽっぽや)』などの
名匠・降旗康男
sign01

感動にあふれた物語もさることながら、当時の神戸の
街並みを再現したオープンセットも見どころだ
sign01

2014年2月7日レンタル開始sign01

H_2

   作品情報

  製作年:2013年
  邦画ドラマ  >  文芸/史劇
  製作国:日本
  日本公開:2013年8月10日
  上映時間:2時間2分
  配給:東宝
  少年H:公式サイト

  オススメ度:★★★★★☆☆
         (良い映画
catface)

 

あらすじ

昭和初期の神戸。洋服仕立て職人の父・盛夫(水谷豊)とキリスト教徒の母・敏子(伊藤蘭)の間に生まれた肇(吉岡竜輝)は、胸にイニシャル「H」が入ったセーターを着ていることからエッチというあだ名が付いていた。好奇心旺盛で曲がったことが嫌いな肇だったが、オペラ音楽について指南してくれた近所の青年が特別高等警察に逮捕されるなど、第2次世界大戦の開戦を機にその生活は暗い影を帯びていく。やがて、彼は盛夫に対するスパイ容疑、学校で行われる軍事教練、妹の疎開といった出来事に直面し…

少年H:予告動画↓

感想

1997年に発表されベストセラーを記録した、妹尾河童の自伝的小説を

実写化したヒューマン・ドラマですflair

ただし原作には、批判がある様子ですsweat02

同世代で児童文学作家の山中恒さんは

「作中に夥しい数の事実誤認や歴史的齟齬がみられること」

「主人公やその家族の視点が当時の一般的な日本人の感覚から
大きく乖離していること」

「戦後になるまで誰も知らなかったはずの事実をまるで未来からでも
来たかのように予言していること」

さらに

「自身が編纂に関わった書物の記述がその誤りの部分も含めて
まるごと引用されている点」

などを自著『間違いだらけの少年H』で指摘し

『少年H』は妹尾さんの自伝でもなんでもなく、戦後的な価値観や思想に

基づいて初めから結論ありきで描かれた作品であると看破し

「年表と新聞の縮刷版をふくらませて作り上げたような作品」
「戦争体験者の酒の席での与太話を小説風にまとめただけのもの」

と酷評したcoldsweats02

さらに、2001年(平成13年)に山中は『「少年H」の盲点』という

批判書を出版してもいますsweat01

妹尾さんはあくまでも「自らの記憶と体験を元に書いた作品である」

との主張を撤回してはいないが、山中の挙げた具体的な誤りや欺瞞の

指摘に対しては口を閉ざし、一切の反論を行っていない・・・

ただし『少年H』の文庫化に際しては、山中に指摘された部分を中心に

何箇所もの訂正や変更、削除などが行われている様ですcoldsweats01

2013年に映画化の今回の作品の際に、監督の降旗康男さんは

他の資料とともに山中の『間違いだらけの少年H』も参照し

直すべき個所は直したそうですdash

原作にちょっとケチがついてるようですが、なかなかの良作でしたgood

H

昭和初期の神戸・・・

Hこと妹尾肇(吉岡竜輝)は、好奇心に満ちた少年だったflair

洋服の仕立屋を営む父・盛夫(水谷豊)、優しい母・敏子(伊藤蘭)に

温かく見守られながら、妹の好子(花田優里音)とともにのびのびと育った。

幸せいっぱいに過ごす妹尾一家だったが・・・

仲良くしていた近所のうどん屋の兄ちゃん(小栗旬)が政治犯として

逮捕されたり・・・(小栗旬・・早々に映画から退場となりますcoldsweats01)

召集されたおとこ姉ちゃん(早乙女太一)が脱走し自殺したりで・・・

一家の周囲にも次第に戦争の足音が忍び寄ってきた・・・

いよいよ開戦し、軍事統制が一層厳しくなるsign01

(;゚Д゚)!憲兵怖え~sweat01

H_2

自由に物を言うこともできにくい空気が漂う中、自分が疑問に思ったり

おかしいと感じたりしたことを素直に口にするHに、盛夫はしっかりと

現実に目を向けるよう教える。

H_3

やがてHは中学へ進学sign01

明けても暮れても軍事教練ばかり続く・・・

盛夫は消防署へ勤め、敏子は隣組の班長になり

好子は田舎へ疎開していた。

敗戦の色が濃くなり、神戸の街も空襲により一面焼け野原となる・・

H_4

そして迎えた終戦・・・

少年Hたちは、新たなスタートを切るために一歩踏み出す…

っという感じでなかなか、戦争時代の勉強にもなりましたshine

兵器を作るため、あらゆる金属類を供出しなければならなかった時代

出征する二宮金次郎像に向かって万歳するシーンとかも

当時を表現していましたhappy02

水谷豊さんと伊藤蘭さん夫妻での共演もなかなか興味深くflair

やっぱりいい感じでしたhappy01

主人公はもちろんHだが、やはりこの両親(特に父親水谷豊)がいいshine

育ちの良さは情操教育や思想に影響を与えるものだろうが、

とりわけH宅の当時の生活ぶりは一般宅とはかけ離れていますdash

こんな生活ぶりでは、後に世間から大きく叩かれるだろうな

と思わせます。やっぱり色々ひどい目にあうのだが・・・

スパイ容疑をかけられようとも頑として意思を貫く父親像には

感動を覚えますshine

家族への配慮を常に忘れず、息子への的確なアドバイスは

名言ですgood

戦後フヌケになった元軍人やら教師に加え、自身の父親までも

何も言わなくなった姿にHは不安を覚えるのですが

戦争に負けたというどんな立派な人格者ですら根負けするほどの衝撃が

敗戦後の国民に与えられた消失感や空虚を見事に表現していますshine

しかし、『間違いだらけの少年H』とかでも言われていることですが・・

少年H・・・・未来少年かsign01っと思えるほど戦争の実態を理解してるし

先が見えている・・・そこはちょっとツッコミどころかな?

最後は、戦後のダメージから立ち直りミシンを再び治す父flair

ラストシーンでは、肇はフェニックス(不死鳥)を描いているshine

日本も不死鳥のように戦争から立ち直り今がありますねhappy01

平和になりすぎて、平和ボケしている日本・・・

こういう時代もあったんだと、勉強のためにも是非

観て欲しい一本ですねflair

日本アカデミー作品賞にもノミネートされていますが

受賞なりますかね?

ではまた( ̄^ ̄)ゞ

スポンサーリンク

ぽちっとヨロシクsign01downwardleftウチのタピアです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

« 「ミッドナイト・ガイズ」 アル・パチーノもお年・・・ あらすじ&ネタバレ | トップページ | 「フローズン・グラウンド」 あらすじ&ネタバレ アラスカの連続猟奇殺人犯ロバート・ハンセンの実話を映画化 »

コメント

Great delivery. Great arguments. Keep up the amazing work.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/59144924

この記事へのトラックバック一覧です: 「少年H」 あらすじ&ネタバレ 間違いだらけで、原作は批判(ーー;) 映画は日本アカデミーノミネート:

» 少年H (試写会) [風に吹かれて]
少年が見た戦中戦後公式サイト http://www.shonen-h.com8月10日公開原作: 少年H (妹尾河童著/講談社文庫) 監督: 降旗康男1941年の神戸。胸に名前の頭文字“H”が大きく刺 [続きを読む]

« 「ミッドナイト・ガイズ」 アル・パチーノもお年・・・ あらすじ&ネタバレ | トップページ | 「フローズン・グラウンド」 あらすじ&ネタバレ アラスカの連続猟奇殺人犯ロバート・ハンセンの実話を映画化 »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ