スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「TAICHI 太極 ヒーロー」 | トップページ | 「フリア よみがえり少女」 あらすじ&ネタバレ »

2013年11月23日 (土曜日)

映画 「船を編む」 あらすじ&ネタバレ

 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説「船を編む」を
川の底からこんにちは』などの石井裕也監督が実写映画化
sign01

ある出版社の寄せ集め編集部が、気の遠くなるような歳月をかけて
二十数万語が収録された新辞書作りに挑む姿をユーモラスに描く
flair

辞書の編さんに没頭する主人公・馬締光也には
三浦原作の『まほろ駅前多田便利軒』にも出演した松田龍平sign01

彼が一目ぼれするヒロインには、『ツレがうつになりまして。』の
宮崎あおいがふんするほか、オダギリジョーら多彩な顔ぶれがそろう
shine

2013年11月8日レンタル開始shine

Photo

作品情報

邦画ドラマ  >  恋愛
制作年:2013
配給:松竹=アスミック・エース
制作国:日本
上映時間:133分
日本公開日:2013年04月13日(土)
船を編む:公式サイト

オススメ度:★★★★★☆☆
         (まあまあ
catface

あらすじ

玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ男・西岡正志(オダギリジョー)など個性の強いメンツばかり。仲間と共に20数万語に及ぶ言葉の海と格闘するある日、馬締は下宿の大家の孫娘・林香具矢(宮崎あおい)に一目ぼれし…

船を編む:予告動画↓

感想

なんとまあ、どんな話かと思いきや・・・

辞書ができるまでの、辞書作りの話だったcoldsweats02

こんなに苦労して作ってるんだな~と勉強になりましたgood

面白い映画ではないですけど・・・

すごく勉強になる映画でしたねhappy01

shine辞書作りに賭ける人々をリアルに描写shine

Photo_3

玄武書房という出版社の営業部に勤める馬締光也(松田龍平)は

真面目すぎて職場で少々浮いている・・・

Σ(・ω・ノ)ノ!何てたって名前が馬締(マジメ)ですからねhappy01

しかし言葉に対する卓越したセンスを持ち合わせていることが評価され

新しい辞書『大渡海(だいとかい)』の編纂を進める辞書編集部に異動となる。

今を生きる辞書を目指している『大渡海(だいとかい)』は見出し語が24万語という

大規模なものsign01

曲者ぞろいの辞書編集部の中で、馬締は作業にのめり込むsign01

(◎´∀`)ノ 映画も真面目な映画でしたshine

shine宮崎あおいがまたもイイ奥様役shine

Photo_4

ある日、ひょんなことから知り合った女性(宮崎あおい)に一目で恋に落ちた馬締heart04

なんとかして自分の思いを彼女に伝えたいが、なかなかふさわしい言葉が出てこず

苦悩するのだが・・・

heart04恋文作戦が成功heart04

まあ・・結婚まで行きますねgoodここんところがイマイチ曖昧・・・

何故?恋にまで発展したのか?

そして、宮崎あおいのいい奥様約に若干飽きがきたsweat01

そんな中、会社の方針が変わり、『大渡海』の完成に暗雲がたちこめる…

最終的に、『大渡海』は完成するんすけどね~flair

ラストでちょっと涙がでちゃいましたね~

けっこうラストは感動的ですshine

総評としては真面目な感じで、淡々とした静かな映画なので

好みが分かれそうですgood

でも損はしないとは思いますよhappy01

ではまた( ̄^ ̄)ゞ

スポンサーリンク

ぽちっとヨロシクsign01downwardleftウチのタピアです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

« 「TAICHI 太極 ヒーロー」 | トップページ | 「フリア よみがえり少女」 あらすじ&ネタバレ »

コメント

こんにちは。モモパパです。
舟を編む。
僕、コノ作品観たかったんですよ。
宮崎あおいさんがとってもかわいらしくて。
僕、好きです^^。
早速TSUTAYAへGO!

「年末年始に観る候補」に入れてあります(*^-^)

取り上げてくださって、ありがとうございましたnote

この映画観ましたよ。
恋愛話半分
辞書作り話し半分
う~ん、
帯に短し、襷に長し
っていうかんじでしょうか。
どちらかに特化してもよかったかもしれませんね。

宮崎あおいのいい奥様役・・・ほんと多いですねsweat02
もう少し違う役柄も見てみたいけど、「NANA」の恋多き女・奈々役は違和感あったし、イメージの殻をやぶるのって難しいのかな~。
辞書作りのお話なんですね。
キャスティングもいいし、本読むよりこっちを見ようっと!

catこんにちわ!ラストが感動的だったんですね。
見てみようかな??週末、時間があるときは、感動
する映画がいいですね。ただただ泣けるとか・・・
今日借りてみます。^-^

CMで見て気になっていた作品です。
静かにゆっくり見てみたいなぁ。
昔、先生が言葉は生きているから辞書は10年に1度
買い換えた方がいいって言っていたのを思い出しましたhappy01

宮崎あおい・・・いつも同じような感じの奥さん役が多いですよね。
実際はそうでもないsign02のかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/58574260

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「船を編む」 あらすじ&ネタバレ:

« 「TAICHI 太極 ヒーロー」 | トップページ | 「フリア よみがえり少女」 あらすじ&ネタバレ »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ