スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「野蛮なやつら SAVAGES」 あらすじ&ネタバレ | トップページ | 「言の葉の庭」 »

2013年9月 5日 (木曜日)

「マン・オブ・スティール」 意味は鋼の男 あらすじ&ネタバレ

超すごいアクションの連続sign03

ダークナイト・ライジング」のクリストファー・ノーラン製作sign01

ザック・スナイダーが監督を務めたスーパーマン誕生までの物語を
紡ぐアクション大作sign03

過酷な運命を受け入れ、ヒーローとして生きることを決意する
主人公の苦難の日々を驚異のアクションと共に描き出す
shine

悩んだり傷ついたりしながらも前進する主人公の姿が目に焼き付くflair

2013年8月30日上映開始sign03

Photo
作品情報

原題:MAN OF STEEL
洋画アクション> ヒーロー
制作年:2013
配給:ワーナー・ブラザース
映画制作国:アメリカ
上映時間:143分

オススメ度:★★★★★★★★
     (超絶アクション最高)

あらすじ

ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから
生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。
その後クラーク(ヘンリー・カヴィル)は、偶然宇宙船を発見した
父(ケヴィン・コスナー)と母(ダイアン・レイン)に大事に育てられる。
そして成長した彼は、クリプトン星の生き残りのゾッド将軍と
対峙することになり……

マン・オブ・スティール:予告動画↓

感想

いや~すごいアクションでしたsign03

かつてここまで、ビルを壊した映画はあったでしょうか?

制作費2億2250万をかけた超大作なだけはありますshine

興行収入もすごい(;゚Д゚)! 2013年8月28日時点で

北アメリカで2億9026万5876$、それ以外の国々で3億5950万$、

6億4976万5876$を売り上げているそうですsign01

つっこみどころもあるものの、素晴らしい映画で大成功でしたねhappy01

ちなみに「マン・オブ・スティール」の意味鋼の男だそうですsign03

shine豪華なお父さんshine

Photo

Manofsteelrussellcrowejorel

スーパーマンの父親は超豪華sign01

クリプトン人の産みの父はラッセル・クロウsign01

地球人の育ての父はケビン・コスナーsign01

どっちの父親もいい感じでしたが、ケビン・コスナーの父親が特に良かったshine

竜巻に巻き込まれて死ぬシーンは涙が出ましたcrying

happy02悪役もすごいhappy02

Photo_2

敵のボスsign01ゾッド将軍はマイケル・シャノン sign03

クリプトンを想うばかりに悪役になってしまったが、この人にも

この人なりの正義があったんですねcatface

地球人の生存を無視してクリプトン再興を考えたため

スーパーマン(マン・オブ・スティール)と対立sign01

すごい力で最後まで苦しめましたsign01

この人、悪役めっちゃいい味出してますcatface

shineダサいコスチュームは父からの贈り物shine

Photo_3

ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、地球で暮らすことになる息子の為に

コスチュームを用意してくれていますshine

だが・・・はっきりいって超ダサいですcoldsweats01

(lll゚Д゚)どうみても、変態だろう・・・

こんなかっこうしてたら、地球で虐められそうですが・・・

クリプトン人のセンスなのでしょうねsweat01

胸に「SUPERMAN」の頭文字Sマークが付いているが、このマークは

クリプトン星の名家であったエル家の紋章であり蛇を表しているそうですshine

「希望」という意味でもあるらしいですhappy01

flairラストの大バトルは凄すぎるflair

Photo_4

映画史上最高の破壊シーンといっても過言ではないラストのバトルsign01

これでもかというくらい、ビルを壊しますflair

もう街一つ壊すという感じですsign01

正直、このバトルで死者何人でたのsign02

スーパーマン(マン・オブ・スティール)の賠償責任はsign02

突っ込みたくなるところけっこうありますsweat02

ブラックホールに周りの物吸い込まれているのに、逆に落ちていくヒロインとかねsweat02

一部評判悪いのはそういうところがあるからでしょうか?

まあ、それを差し置いても面白かったですけどねshine

史上最高のバトルシーンはスクリーンで見るべきですねhappy01

そして、続編もやっぱあるようですcatface

続編はスーパーマンVSバットマンに!

いや~楽しみですね~shine


ではまた( ̄^ ̄)ゞ

スポンサーリンク

ぽちっとヨロシクsign01downwardleftウチのタピアです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

« 「野蛮なやつら SAVAGES」 あらすじ&ネタバレ | トップページ | 「言の葉の庭」 »

コメント

昔、観たスーパーマンを遥かに超える規模のようですね。
観たいけどちょっと怖そう?
ラッセル・クロウとケビン・コスナーが父親役とは
なんと贅沢な・・・。

面白そう~
今公開中ですよね!
観に行こう^^。

そうそう、あの、もっこりタイツは如何なものかと。
まっ、ヒーローは、ほとんどタイツですが。
ダーク色は、ここだけの話、原色よりは好き。

私ね、映画って観ても細かなところはすぐに忘れるのね。
歳かなsweat01

でも、胸に刺さったところは、そのキャストの表情が残像として残るのね。
やはり、スーパーマンが飛び立つときの眩しそうにしてるあの表情と
閉じこもった子供と会話するダイアン・レインの表情。
あれは、母ですね。
しばらくは、消えないね。

続編でバットマンとの対決は望むところですけど、
バットマンがベン・アフレックってマジなんですかね?^^;
さすがにちょっと、イメージが違い過ぎじゃあないかなあ?
クリスチャン・ベールはストイックで意思が強くて、
ブルースのイメージにもともと近かったけど、ベンはなあ・・・。
かもし出す雰囲気がうぬぼれ強そうというか、
調子に乗りやすそうというか。
ブルースってイメージじゃないよなあ、絶対。

粉雪さんへ

バットマンがベン・アフレック、マジらしいっすよ

僕もちょっとどうかと思いますねsweat02

私もコスナー父さんのほうが良かったです。
クリプトン人より地球人がいいだけかも知れないけど。
コスチュームださいからパンツなしにしたそうですが、
あったほうが良かったかも。
顔が出てるせいか、余計にまぬけに見えました。
カヴィルの体格でかろうじてカバーですけど。
クリプトン人の透明ヘルメットはかっこいいのになぁ。
私は2Dで見たのですが、3Dはいかがだったのでしょう?

Rayさんへ

コメントありがとうございます 

僕も2Dでの視聴でしたのでわからないですが

あの映像なら3Dもすごかったでしょうね~

壁┃∀`*)ノ゙コンバンワ♪
色物コスチュームいいっすね(笑)

自分は、バットマン・ビギンズのリーアム・ニーソンの演技がめっさ好きでした(`>ω<´)

来年もよろしくお願いします!
良いお年をお迎え下さい~☆

カツテキさんへ

こちらこそお世話になりました

良いお年を~ヽ(´▽`)/

カツテキさんへ

こちらこそお世話になりました

良いお年を~ヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/58094100

この記事へのトラックバック一覧です: 「マン・オブ・スティール」 意味は鋼の男 あらすじ&ネタバレ:

» マン・オブ・スティール : こんなスーパーマンを観たかったんですよ ヽ(◎´∀`)ノゎ──ィ!! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 雨、雨、雨ですよ。愛犬のLOVEは雨が嫌いなのでお外でウ○チしませんが、何とか我慢してくれるでしょう。では、本日紹介する作品は、この雨を降らす秋雨前線や台風をも簡単に吹き [続きを読む]

» マン・オブ・スティール [だらだら無気力ブログ!]
スーパーマンって目からビーム出るんだ!知らなかったよ! [続きを読む]

» マン・オブ・スティール (試写会) [風に吹かれて]
クリプトン生まれで地球育ち公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/manofsteel8月30日公開 製作: クリストファー・ノーラン監督: ザック・スナイダー  「30 [続きを読む]

» マン・オブ・スティール [象のロケット]
惑星クリプトンで生まれた男児カル=エルは、地球でケント夫妻の息子クラークとして育てられる。 成長した青年クラークは、謎の物体がカナダの氷棚に埋まっているというニュースを聞きつけ現地へ向かうが、そこで出会った女性記者ロイス・レインに、宇宙人であることを知られてしまう。 その頃、クラークの実父ジョー=エルを殺害後、宇宙を漂っていたゾット将軍が、クラークの居場所を突き止めていた…。 SFアクション・ファンタジー新シリーズ。... [続きを読む]

» マン・オブ・スティール [とりあえず、コメントです]
クリストファー・ノーラン製作でザック・スナイダー監督が迫力ある映像で創り上げた新生スーパーマンです。 オリジナルはあまり覚えていないのですけど、予告編を観て、これは観なくては!と楽しみにしていました。 スーパーマンの誕生から始まる物語に出だしから引き込まれていきました。 ... [続きを読む]

» [映画][☆☆☆★★]「マン・オブ・スティール」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 1938年登場以来幾度となく映像化されてきた、世界初のアメコミヒーローにして、出版元のDCをはじめ全てのヒーローの代表的存在ともいうべき人気コミックスを、「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン制作、「300」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督... [続きを読む]

» 映画「マン・オブ・スティール」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
平凡な田舎の青年の顔が、次第にスーパーマンの顔になっていく!! いきなり髭面の上半身裸で炎の中から飛び出して来た時は「ウルヴァリンかよっ!」と突っ込みたくなり、太陽の光を力としているという...... [続きを読む]

« 「野蛮なやつら SAVAGES」 あらすじ&ネタバレ | トップページ | 「言の葉の庭」 »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ