スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 映画「リンカーン」  | トップページ | 水崎綾女、映画「ユダ」ヌードに( ゚Д゚) »

2013年9月23日 (月曜日)

「ポゼッション」 実話の映画化 意味は憑依

呪いの箱の実話映画shock

『スパイダーマン』シリーズを大ヒットさせたサム・ライミがプロデューサーに回り、『ナイトウォッチ』のオーレ・ボールネダルが監督を務めた驚がくのホラーsign01

2004年に「Los Angeles Times」に載った都市伝説の記事を基にある少女を襲う衝撃の実話である出来事を映し出すsign01

主人公に抜てきされたのは、カナダ出身の新星ナターシャ・カリスflair

デンマーク出身の監督によって作り上げられた緊張感あふれる映像や細やかな心理描写に戦慄するsign01

2013年9月20日TSUTAYAだけレンタル開始shine

Photo

作品情報

原題:THE POSSESSION
洋画ホラー> オカルト/サイコ
制作年:2012
制作国:アメリカ/カナダ
収録時間:92分
ポゼッション:公式サイト

オススメ度:★★★★★★☆☆
      (ありがちだけど面白いhappy01

あらすじ

3か月前に妻と離婚したクライド(ジェフリー・ディーン・モーガン)は週末に2人の娘と過ごすのを楽しみにしていた。だがある日、ガレージセールで古めかしい木箱を買ってからというものの次女のエミリー(ナターシャ・カリス)の様子が一変してしまう。エミリーはまるで箱に取りつかれたようになり、徐々に異常な振る舞いがエスカレートしていくのだった・・・

ポゼッション:予告動画↓

感想

いや~久々のけっこう楽しめたホラーでしたflair

しかも、何と実話を元にして作っているというから恐ろしいsign03

ロサンゼルス・タイムズ紙で報じられた、ある呪いの箱にまつわる

驚愕の実話を映画化sign03

2004年7月25日のロサンゼルス・タイムズ紙に驚くべき記事が掲載されたsign01

大手オークション・サイトのeBay(イーベイ)に、所有者に厄災をもたらす

アイテムが出品されていたというのだsign01

そのアイテムは一見すると何の変哲もない木箱だったが、出品者の大学生は

自らが体験した奇怪な現象を生々しく書き連ね、その後も箱をめぐる忌まわしい

逸話が続々と判明sign03

オークション・ページは14万回以上のページビューを記録しsign01

超常現象、都市伝説、神秘主義などの研究家の興味もかき立てていったflair

何とその箱の正体は、ユダヤの民話で伝えられる邪悪な存在“ディビューク”を

封印した、“決して開けてはならない箱”だったという話sign01

この映画は、その実話を基に作られていますsign01

shadowガレージセールで手に入れたアンティークな木箱shadow

Photo

3ヵ月前に妻と離婚した中年男クライド(ジェフリー・ディーン・モーガン)は

週末ごとに2人の愛娘と一緒に過ごす生活を送っていた。

あるとき、次女エミリー(ナターシャ・カリス)にガレッジセールで

アンティークな木箱をプレゼントするshine

喜んでいたエミリーだが・・・徐々に、エミリーはアンティークな木箱に

異常な執着を示し、凶暴な振る舞いすら見せるようになり変貌していく・・・

(◎´∀`)ノ部屋中蛾で溢れたり、MRIに人の顔が写ったり、顔が変貌したりと
        なかなか楽しませてくれましたshine

shock箱には悪魔が封じられていたshock

Photo_3

エミリーの奇行はエスカレートしてゆく一方。天真爛漫だった娘の変わりように

危機感を覚えたクライドは、現代医学では解明できない原因があるのではないか

と、独自の調査を開始するsign01

調べていくと箱の文字から悪魔が封じられていたことが発覚sign02

このままだとエミリーは木箱にの中に潜んでいた悪魔に心も身体も

乗っ取られるという・・・

正統派ユダヤ教会の若き聖職者ザデック(マティスヤフ)に協力してもらって

悪魔払いをすることにsign03

shadow悪魔の名はアビズーshadow

Photo_4

エクソシズムを成功させるには悪魔の名が必要sign01

呪いの箱を調べていくうちについに悪魔の名が発覚sign01

名は〈アビズー〉子殺しの異名を持つ悪魔だったsign01

いざエクソシズムへsign01聖書を読み悪魔祓いを実施sign01

果たして悪魔祓いは成功するのか?

展開はありがちだけど、けっこう楽しめたホラーでしたflair

怖さはされほどないですけどね・・・

怖さで言えば、ポゼッションコラボの楳図かずお先生のポスター

Photo_8

これの方がよっぽど怖かったですsweat02

ラストの方にこういうしーんありますcatface

そういえば、取り憑かれた次女エミリー役のナターシャ・カリスの演技がなかなか

良かったですsign01これからこの子期待できそう~

映画のラストはアメリカ式の終わり方でしたcatface続編とか出るのかな?っと

期待もさせられますshine

クライマックスの病院も霊が出るといわくつきの実際にある

廃病院で撮影したとのことで、異様な空気を感じて、部屋に入ることを

拒否したスタッフもいたそうですcoldsweats02映画にリアリティーを持たせてますねhappy01

そんなこんなで、ありがちだけど、何か面白いホラー映画でしたflair

ちなみにポゼッションの意味は「憑依」らしいっすgood

ではまた( ̄^ ̄)ゞ

ぽちっとヨロシクsign01downwardleftウチのタピアです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

« 映画「リンカーン」  | トップページ | 水崎綾女、映画「ユダ」ヌードに( ゚Д゚) »

コメント

こんにちは。モモパパです。
僕、ホラーものはちょっと苦手な部類にはいるんですけどジョニー・タピアさんが面白かったって言うぐらいだから観てみようかな。
夜中、トイレに行けなくなったりして。
あはははははは。

私もホラーは大の苦手!
でも実話に基づいているとは・・・?
本当にこんな怖い話があったのですね。

私も興味があって、映画が公開したときにeBayで調べてみたら
本当に売ってましたshock
買い手はついていませんでしたが、これまでに起こった出来事が
沢山書かれていたようなdespair
一人では見れそうもないけど、でも見たい!!なので
主人と一緒に見てもらおうと思いますcoldsweats01

こんばんは。

こちらの記事を読ませて頂いて、すぐの鑑賞しました。
あのレントゲンに映った人影は、妊婦さんには観せられないですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/58196991

この記事へのトラックバック一覧です: 「ポゼッション」 実話の映画化 意味は憑依:

« 映画「リンカーン」  | トップページ | 水崎綾女、映画「ユダ」ヌードに( ゚Д゚) »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ