スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「藁の楯」 2014年日本アカデミーGETだぜ( ̄▽ ̄) | トップページ | 「リターン・トゥ・ベース」 韓国版トップガン( ̄▽ ̄) »

2013年5月12日 (日曜日)

「 ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー」

巨大組織の陰謀に巻き込まれた元CIA捜査官の戦いを
世界侵略:ロサンゼルス決戦」のアーロン・エッカート主演で
描いたサスペンスアクションsign01

共演に「007 慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコsign01

監督はフィリップ・シュテルツェルsign01

2013年5月2日レンタル開始sign01

ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー[]

作品情報

原題:THE EXPATRIATE/ERASED
洋画アクション> スパイ
制作年:2012
配給:ファインフィルムズ
制作国:アメリカ/カナダ/ベルギー
上映時間:105分
日本公開日:2013年01月20日(日)
ザ・ターゲット陰謀のスプレマシー:公式サイト

あらすじ

元CIA捜査官ローガン(アーロン・エッカート)は、今は民間防

犯装置会社の責任者で、愛する娘エイミー(リアナ・リベラト)

と2人で過ごしている。

しかし、ある日突然、勤めていた会社が忽然と消えるsign03

ローガンはグループ会社のハルゲートに原因を追究しに行く

が、元々その子会社は存在しないと言われ、証明データも

すべて抹消されていた・・・

「陰謀のスプレマシー」の画像2

帰りがけに元同僚のフロイドに抹殺のターゲットとして襲われ

辛うじて逃げたローガンは、フロイドが持っていた鍵で開けた

コインロッカーで書類を見つけるflair

「陰謀のスプレマシー」の画像3

それは、自分の名前も入った元同僚の暗殺予定者リスト

だった・・・ローガンは不法滞在者となり捜査を続け、ある機密

書類を入手するsign01

巨大組織ハルゲートとCIAは関係があり、ローガンのCIAの

元同僚アンナ(オルガ・キュリレンコ)が関わっていたのだ。

「陰謀のスプレマシー」の画像1

そんな折、ローガンの愛娘エイミーが組織に誘拐されてしまう

ローガンは機密書類を引き渡す代わりに、娘を釈放するよう

取引をするが……

ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー:予告動画↓

あらすじ

前半の突然勤めてた会社がなくなって、命まで狙われ

???で追われながらで、アクションも素晴らしくflair

普通のサラリーマンのはずのアーロン・エッカートが

異常に強いsign01こいつは絶対何かあるcoldsweats02っと

ボーンシリーズを思い出させますcatface

その戦いに巻き込まれ一般市民もバンバン

撃たれりしてビックリsign01って

ところまでが非常に面白い映画ですsign01

真実が明るみになってからの後半が一気に失速し

眠気が出るほど・・・こっちはすでに真相を知っているにも

関わらず主人公は未だ、真相究明中・・・

そんなこんなで、特に盛り上がらないラストでEND・・・

前半の勢いのままなら、かなりの名作なんすけどねsweat02

もう少しラストまで捻りが欲しかったな・・・

ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー:オススメ度
                       ★★★★★☆☆☆

ではまたpaper

ぽちっとヨロシクsign01downwardleftウチのタピアです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

by ブログパーツ製作所
[PR]住宅に関する税金

« 「藁の楯」 2014年日本アカデミーGETだぜ( ̄▽ ̄) | トップページ | 「リターン・トゥ・ベース」 韓国版トップガン( ̄▽ ̄) »

コメント

ストーリーは面白そうだけど、タピアさんの評価が・・・どうしようかな?
オルガ・キュリレンコさんは『ヒットマン』を見てから、気になっていましたeyeshine

おしい映画なんですね~
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
こっちが先に 真相を知ってるのに・・・?
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
おもしろいっhappy02good

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/57309925

この記事へのトラックバック一覧です: 「 ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー」:

» 映画『陰謀のスプレマシー』を観て [kintyres Diary 新館]
13-8.陰謀のスプレマシー■原題:Expatriate■製作年、国:2012年、アメリカ・カナダ・ベルギー■上映時間:101分■観賞日:2月1日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷)■料金:1,000円 □監督:フィリップ・シュテルツル◆アーロン・エッカート(ローガン)◆...... [続きを読む]

« 「藁の楯」 2014年日本アカデミーGETだぜ( ̄▽ ̄) | トップページ | 「リターン・トゥ・ベース」 韓国版トップガン( ̄▽ ̄) »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ