スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「アルゴ」 アカデミー受賞の実話 | トップページ | 「私の奴隷になりなさい」 壇蜜ヌードに(;゚Д゚)! »

2013年3月19日 (火曜日)

「トールマン」 パスカル・ロジェ監督再び(´∀`)

子供の幸せはなんなのか?

僕的ホラー映画NO・1作品『マーターズ』で残酷映画の最終解脱を達成した悪魔的天才パスカル・ロジェ監督が、ハリウッドのトップ女優「トータルリコール」のジェシカ・ビールを主演に迎え、“新たな可能性”を秘めたホラー映画の創造に挑戦したsign01

「ツイン・ピークス」を思わす怪しい人々がうごめく僻地の炭鉱町、幼児連続失踪事件の謎、息も止まるミステリアスな展開sign03

ホラー(恐怖)の概念さえも覆す結末は、我々の想像力の極限に突きつけられた恐るべき挑戦状と言えるcatface

パスカル・ロジェ監督は、痛みの先にある究極の自由を追求した「マーターズ」で、鬼気迫る映像と異色のテーマで物議をかもし、注目を浴びたsign01

その彼が、脚本も兼ねた最新作「トールマン」では、寂れた田舎町で発生する幼児誘拐
事件に隠された驚くべき真実を描いているshine

パスカル・ロジェが放つサスペンス・ミステリー開演sign01

2013年3月13日レンタル開始flair

トールマン

作品情報

原題:THE TALL MAN/THE SECRET
洋画ドラマ> ミステリー
制作年:2012
配給:キングレコード
制作国:アメリカ/カナダ/フランス
上映時間:106分
日本公開日:2012年11月03日(土)
トールマン:公式サイト

あらすじ

広大な森と、迷路のような地下道に囲まれた炭鉱町コールド・

ロック・・・6年前の鉱山閉鎖で急速に寂びれ、もはや死を待つ

ばかりのこの町から、次々と幼い子供たちが消えてゆくshock

「トールマン」の画像3

犠牲者は既に18人sign03誰が?何のために?謎は謎を呼び・・・

人々は正体不明の子取り鬼を“トールマン”と名づけたsign03

町で診療所を開く看護婦のジュリア(ジェシカ・ビール)は

ある晩、自宅から何者かに連れ去られた子供を追いsign01

「トールマン」の画像1

傷だらけになりながらも町外れのダイナーに辿り着くsign01

「トールマン」の画像2

そこに集う住人たちの奇妙な行動・・・

やがて、想像を絶する真実が明らかになったときsign01

“トールマン”は忌わしい伝説と化すsign03

トールマン:予告動画↓

パスカル・ロジェ監督の「マーターズ」以来、5年ぶりの新作

マーターズで衝撃を受けた僕は、ものすごい期待と共に

この映画を待っていたsign01

マーターズの様なグロさがあるホラーではないが・・・

パスカル・ロジェらしさを醸し出した作品となっていたcatface

今回の題材は児童失踪sign01

迷子探しや行方不明者のポスターに感じるものがあった

というロジェ監督は、アメリカで起こった実際の数字として

毎年1000人もの子どもたちが跡形もなく消えてしまったか

のように失踪しているという現実を知ったことから今作の

製作に乗り出したという・・・

パスカル・ロジェ監督はインタビューでこの作品に対してflair

「ケネディ大統領暗殺、マリリン・モンローの死を扱うことと
似ていて、大勢の子どもがいなくなったという事実からいろ
いろな疑問がわき起こる。子どもがいなくなる原因として
さまざまな選択肢があったけれど、内なる自分の声を聞いた
とき、社会的な意味を持たせたほうがいいと感じたんだ。
今作は貧困社会を描くことで、現代社会の抱える格差問題や
コメントを盛り込みたいと思った」
と熱を込めるshine

なるほど・・・色々と考えらされるラストだった・・・

しかし、途中の展開は見事だったshine

今回はネタバレしてしまうと面白くないので・・・・

ネタバレ禁で書きますがsign01

途中までの「怪物トールマンvs子どもを守る母親」という構図

で進んでいくのだが、ある瞬間・・・ものの見事に逆転するのだ

その瞬間、(;゚Д゚)!えっsign01じゃああれって・・・そういう事かsign02

というふうに繋がっていき、Σ(゚д゚lll)なんで?なんで?

と疑問も湧いてくる・・・

徐々に謎は明らかになっていき・・・・

ラストは子供の失踪について深いラストが待っているhappy01

だが・・・明確な答えはくれない・・・自分で想像さす感じだflair

「マーターズ」でもこの感じはあったのだが・・・

賛否両論はあるだろうが・・・

この自ら想像さす答えの感じは、僕は好きshine

そして、定番の展開と見せかけて予想を裏切る発想sign01

さすが、パスカル・ロジェ監督作品だflair

「マーターズ」のときの様な、恐ろしさや痛さは・・・

この作品には無いものの・・・ミステリーな話の中に

子供にとっての本当の幸せとは?

そういうことを考えらすなかなかの良作となっていたshine

パスカル・ロジェ監督の次回作にも大いに期待したいshine

 

トールマン:オススメ度★★★★★★☆☆

ではまたpaper

« 「アルゴ」 アカデミー受賞の実話 | トップページ | 「私の奴隷になりなさい」 壇蜜ヌードに(;゚Д゚)! »

コメント

こんにちは。モモパパです。
この作品。
観てみたいな~。
なんだか斬新な発想みたいですから興味あります^^。

 おはようございます。
子どもの失踪、そんなにあっているんですね。びっくり!!

マーターズは見れそうにないですが、怪しい人々が織りなすこちらのサスペンスミステリーは好みかも♪
構図が逆転するってところで、私なりに想像を膨らませていたら・・・今ものすごく見たくなってます!!
ご紹介ありがとうですhappy01

catこんにちわ!よさそうな映画ですね。時間ができたら、見てみます。子供たちにとって何が幸せなのか考えてしまいます。

実際に そんなに子供が
失踪しているって事にびっくりですーーーっcoldsweats02
マーターズ すごかったなぁ・・
あれは もう嫌だな~(笑)

こんにちは
 わあ~ちょっと怖いけど、見てみたいです。
子供の幸せ・・・大人は考えなければね。

観ました~happy02
あとで書きますので、お時間あったら読んでくださいね。
ジョデル・フェルランドが可愛かったですね。
どこで見たのかと思ったら、「ケース39」と「サイレントヒル」でした。両方とも面白いホラーでしたね。

これね。おもしろそう。いろいろ 意味深く ラストは 
自分で 想像するって いいね。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/56965554

この記事へのトラックバック一覧です: 「トールマン」 パスカル・ロジェ監督再び(´∀`):

» トールマン〜慈善と偽善 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。アメリカ=カナダ=フランス。原題:The Tall Man。パスカル・ロジェ監督、ジェシカ・ビール、ジョデル・フェルランド、ウィリアム・B・デイビス、スティーヴン・マクハティ。 ... [続きを読む]

« 「アルゴ」 アカデミー受賞の実話 | トップページ | 「私の奴隷になりなさい」 壇蜜ヌードに(;゚Д゚)! »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ