スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「エージェント・マロリー」 ジーナ・カラーノ怖いよ(´Д`;) | トップページ | 「ザ・グレイ/THE GREY 凍える太陽」 日本人カメラマン マサノブ·タカヤナギの映像に注目 »

2013年2月13日 (水曜日)

「天地明察」 岡田准一と宮崎あおいがこの作品で・・・

いい映画なんだけど・・どうしても・・sweat02

「おくりびと」で第81回アカデミー賞外国語映画賞を獲得した
滝田洋二郎監督が、第31回吉川英治文学新人賞および
第7回本屋大賞を受賞した冲方丁による同名ベストセラーを
映画化sign01

江戸時代前期に星の観測をもとに膨大な計算をし、改暦の
大事業に挑戦した安井算哲(後の渋川春海)の姿を描いた
時代劇flair

脚本は滝田洋二郎監督と「クライマーズ・ハイ」の加藤正人sign01

出演は岡田准一、「ツレがうつになりまして」の宮崎あおいsign01
麒麟の翼~劇場版・新参者~」の中井貴一sign01
十三人の刺客」の松本幸四郎ほかsign01

作曲家の久石譲が「おくりびと」に続いて再び滝田監督と
タッグを組み音楽を担当しているshine

2013年2月2日レンタル開始sign01

天地明察[]

作品情報

邦画ドラマ> 人情/喜劇
制作年:2012
配給:角川映画=松竹
制作国:日本
上映時間:141分
日本公開日:2012年09月15日(土)
天地明察:公式サイト

あらすじ&感想

江戸時代前期。安井算哲(岡田准一)の生まれた安井家は

将軍に囲碁を教える名家であるものの、算哲自身は出世欲

のない不器用な男だった。星の観測と算術の問いを解くことが

好きで、あまりにも熱中しすぎて周囲が見えなくなることも

しばしばだった。

「天地明察」の画像6

算哲は形ばかりの勝負となった囲碁に次第に疑問を抱き・・

真剣勝負の場に身を置きたいとの願いを持つようになるsign01

そんな算哲を、将軍・徳川家綱の後見人である会津藩主・

保科正之(松本幸四郎)は暦の誤りを正す任に抜擢するsign01

800年にもおよび使われてきた中国・唐の時代の暦がずれて

きたため新しい暦を作るというこの計画には、星や太陽の

観測をもとに膨大な計算を必要とし、さらには本来なら朝廷の

司る改暦に幕府が口を出すという朝廷の聖域への介入という

問題をはらんでいた・・・

算哲は師や友人、妻となったえん(宮崎あおい)や

「天地明察」の画像1

彼のよき理解者であった水戸光圀(中井貴一)らに支えられ

ながら、この難関に誠実とり組んでいく……

天地明察:予告動画↓

岡田准一と宮崎あおいがこの作品の舞台挨拶頃に

不倫が発覚し、共同配給する松竹と角川の頭を悩ませた

という事は記憶に新しいだろう・・・

宮崎あおい=良い妻というイメージが定着していただけに

ファンのみならずガッカリした事だろうsweat02

この映画でも、やっぱ良い妻役・・・

普段の作品では、なかったのだがこの作品の宮崎あおいを

見ると(# ̄З ̄)イラッとannoyとしてしまったsweat01

こんな感情移入をしてしまった作品だが・・・

映画自体はイイ出来でしたshine

日本アカデミーにノミネートされてないのが悔やまれるsign01

やっぱこういう問題が少なからず関係したのか?

江戸時代に20数年を費やして日本独自の暦「大和暦」を

作り上げた安井算哲(後の渋川春海)の物語sign01

時代劇ものだが、斬り合いなどでは無く

測量や算学が主になっているflair

大きな山場も特になく淡々と進んでいく物語なのだが

上手く見る者を飽きさせずに作られていますflair

この映画で、けっこう圧力あるいい演技するな~と

思ったののが、算術家関孝和を演じる四代目市川猿之助sign01

「天地明察」の画像5

なかなか迫力ある熱い演技を見せてくれましたshine

まあ・・歌舞伎っぽいちゃー歌舞伎っぽいんすけど・・

あと、水戸黄門こと、水戸光圀を中井貴一が演じていて

( ´艸`)コーモン様じゃないですかflair

とテンション上がりましたup

141分もあって長いんだけど・・・

けっこう飽きずに見ることができましたsign01

結構いい映画で、6★でもいいくらいなんだけど・・・

あまり感動もしなかったし、∑(=゚ω゚=;)おおっsign01

というシーンもあんまり無かったし、宮崎あおいに

イラついたので・・・・評価厳しくdash

天地明察:オススメ度★★★★★☆☆☆

ではまたpaper

ぽちっとヨロシクsign01downwardleftウチのタピアです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

by ブログパーツ製作所
[PR]住宅に関する税金

« 「エージェント・マロリー」 ジーナ・カラーノ怖いよ(´Д`;) | トップページ | 「ザ・グレイ/THE GREY 凍える太陽」 日本人カメラマン マサノブ·タカヤナギの映像に注目 »

コメント

こんにちは。モモパパです。
豪華な出演陣の作品ですね。
これだけ役者がそろうと期待大になりますね。
僕も宮崎あおいさんにはがっかりしました。
世間のイメージとは違うんだな~・・・

この映画、映画館で見ましたよ!!
娯楽映画として楽しめますが、
時代考証を考えると、少し・・・
でも、楽しい映画でしたよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/56688416

この記事へのトラックバック一覧です: 「天地明察」 岡田准一と宮崎あおいがこの作品で・・・:

» 天地明察 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
天地明察 ブルーレイ豪華版 [Blu-ray]改暦という大事業に挑んだ星オタクのまっすぐな生き方を描く「天地明察」。学術的な素材をエンタテインメントとして面白く描いている。太平の世 ... [続きを読む]

» 天地明察 [風に吹かれて]
日食で白黒つけるぜ公式サイト http://www.tenchi-meisatsu.jp原作: 天地明察 (冲方丁著/角川文庫)監督・脚本: 滝田洋二郎  「陰陽師」 「おくりびと」将軍に囲碁を教える [続きを読む]

» 天地明察 [象のロケット]
江戸時代前期。 将軍に囲碁を教える名家に生まれた青年・安井算哲は、碁打ちの傍ら算術や星の観測に夢中になっていた。 当時の日本は、800年にわたり使われてきた中国の暦・宣明暦が、数日ずれ始めるという重大な問題に直面していた。 算哲は、四代将軍・家綱の後見人を務める会津藩主・保科正之から、正しい暦を作るという大計画のリーダーに抜擢されるのだが…。 時代劇。... [続きを読む]

» 「天地明察」みた。 [たいむのひとりごと]
原作は2010年に読書済み。(感想はこちら)今年の5月、日本全国老若男女が”金環日食”で盛り上がっていたのは記憶にも新しいが、何故その前後にこの映画が公開出来なかったのだろうと、非常に勿体ない事だと思... [続きを読む]

« 「エージェント・マロリー」 ジーナ・カラーノ怖いよ(´Д`;) | トップページ | 「ザ・グレイ/THE GREY 凍える太陽」 日本人カメラマン マサノブ·タカヤナギの映像に注目 »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ