スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 2013年(第85回)アカデミー賞結果(๑≧౪≦) | トップページ | 「おおかみこどもの雨と雪」 細田守と貞本義行のコンビ再び »

2013年2月27日 (水曜日)

「ボーン・レガシー」 続編も製作中(。・ ω<)ゞ

ボーンシリーズ第四弾sign03

スパイアクションに新たな息吹を与えた「ジェイソン・ボーン」
3部作には、サイドストーリーがあった・・・
マット・デイモン主演で大ヒットした「ボーン」3部作の裏で
進行する別の事件を描いたアクションシリーズ第4弾sign01

ボーンシリーズすべての脚本を担当し、『フィクサー』で
監督デビューしたトニー・ギルロイが脚本と監督を務め
新たなキャラクターを生み出したflair

本作は『ボーン・アルティメイタム』と同時進行するような形で
進み、同作の出演者もチラチラと登場するcatface

「強大な組織VS強靭な個人」というスタイルはシリーズに
共通するもので、シリーズのファンならこの硬質なアクション
を楽しめるだろうhappy01

主人公アーロンには、『ハート・ロッカー』で
アカデミー主演男優賞にノミネートされ、『アベンジャーズ
ではホーク・アイを演じたジェレミー・レナーflair

2013年2月20日レンタル開始

ボーン・レガシー[]

作品情報

原題:THE BOURNE LEGACY
洋画アクション> スパイ
制作年:2012
配給:東宝東和
制作国:アメリカ
上映時間:135分
日本公開日:2012年09月28日(金)
ボーン・レガシー:公式サイト

あらすじ&感想

CIAの極秘プログラム“トレッドストーン計画”によって生み

出された最強の暗殺者、ジェイソン・ボーンが、ロンドンで

新聞記者に接触しようとしていた頃・・・

ボーンと内部調査局のパメラ・ランディ(ジョアン・アレン)の

告発によって計画が明るみに出ることを恐れたCIA本部では

国家調査研究所のリック・バイヤー(エドワード・ノートン)が

証拠隠滅のために全プログラムの抹消を命じるsign01

一方、アラスカのCIA訓練地では、“アウトカム計画”によって

生み出された暗殺者、アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)が

訓練を積んでいたshine薬の服用を義務づけられていた彼は

相次ぐ予定変更によって自分の身に迫る危険を察知する。

「ボーン・レガシー」の画像1

彼の体調を管理しているステリシン・モルランタ社では・・

突然、職員が銃を乱射sign01

居合わせたマルタ・シェアリング博士(レイチェル・ワイズ)は

九死に一生を得るが、研究所で行なっていたことに事件の

原因があると知っていた彼女に、再び危機が迫る。

「ボーン・レガシー」の画像5

その窮地を救ったのはアーロンsign01薬を求めてマルタのところ

へやってきた彼は、薬はすでに服用が中止され、プログラム

従事者の体には半永久的な効果を持つ活性ウイルスが

培養されていることを聞き、彼女とともにウイルスを製造して

いるマニラへ向かうsign01

「ボーン・レガシー」の画像2

急転する事態に混乱するマルタに、“自分はかつてケネス・

キットソンという名前で、イラクで戦死したとされる兵士だ”と

告げるアーロンsign01一方、マルタ暗殺の失敗を知ったバイヤーは

彼女を病原体盗難の重要容疑者に仕立て上げ、安全保障局

や国防省を巻き込んだ非常事態宣言を発令sign02

「ボーン・レガシー」の画像4

組織的な捜査によって2人の行方を洗い出す。マニラに到着し

研究所に向かうマルタとアーロンだったが、追跡を察知して

逃走dash

バイヤーは精鋭の人間兵器“ラークス計画”の作戦員をタイ

のバンコクから送り込む・・・・

路地の入り組んだマニラのスラム街で、究極の暗殺者たちに

よるチェイスが今始まる……

ボーン・レガシー予告動画↓

マッド・デイモンが主演した3部作『ボーン・アイデンティティー』

『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』からの

スピンオフ映画sign01

ジェイソン・ボーンによってピンチに陥ったCIAが証拠隠滅に

“トレッドストーン計画”に関係する“アウトカム計画”も

抹消しようとしたために、その計画の改造人間達を

消していく・・・・

その一人のアーロン・クロス(ジェレミー・レナー)だけ

生き残り、逃亡劇を繰り広げるという感じcatface

アクション素晴らしく、ボーンファンにはたまらない作品だが

ジェイソン・ボーンとのバトルも期待していた僕には・・・

そういうシーンもなく物足りなさも感じたsweat01

続編もあるようで

米ユニバーサル・ピクチャーズが、ジェレミー・レナー主演の

新作スパイアクション『ボーン・レガシー』の続編を製作する

ことを発表したらしいshine

続編にはさらなるレベルアップを期待したいsign01

ボーン・レガシー:オススメ度★★★★★☆☆☆

ではまたpaper

ぽちっとヨロシクsign01downwardleftウチのタピアです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

by ブログパーツ製作所
[PR]住宅に関する税金

« 2013年(第85回)アカデミー賞結果(๑≧౪≦) | トップページ | 「おおかみこどもの雨と雪」 細田守と貞本義行のコンビ再び »

コメント

 早く、見たーいです。わくわくhappy01
 私、ボーン・シリーズけっこうはまってました。こちらの俳優さんもかっこいいかも・・・

これ、観たかったのぉhappy02

もう1回、最初から観とかないとかな?coldsweats01
物忘れがひどくて…sweat01

おはようございます

ボーン・シリーズ 好きで観ましたよ。

今回紹介のも是非とも観たいです。

↓ 作品賞「アルゴ」でしたね
  この作品は来月レンタルできるんですね
  観なくちゃ~

こんにちは。モモパパです。
僕も「ボーン」シリーズ。
好きで今までの作品全て観ましたよ。
なかなか面白い作品ですね^^。

今年のアカデミー賞も終了!
ボーンシリーズはすべて観ているのでこれも、
と思ってはいますが、マット・ディモンの印象が強いのでね?
そのうちに観ましょうかね。

今日は朝から雨模様で間もなく晴れそうで、
そのあとの「花粉」の方が怖い!

見ましたよ!私もなんだか物足りなさを感じていました。見終わったあと、なんかモヤっと。マット・デイモンの印象が強かったのかなぁ。

ジョニー・タピアさん、こんばんはhappy01
タピアさんのブログは、本当に映画情報が充実していて、いつも楽しく読ませていただいていますlovely
レイチェル・ワイズ、きれいで知的で、素敵な女優さんですよねheart01
この映画に出ているとは知らなかったので、ぜひ見てみたいと思いますhappy02

ジョニーさんこんばんは!
久しぶりにお邪魔しましたが
何とこの情報知りませんでした。
有難うございます!
去年後半から観たい映画が多くて
嬉しい悲鳴をあげています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/56790145

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボーン・レガシー」 続編も製作中(。・ ω<)ゞ:

» ボーン・レガシー [佐藤秀の徒然幻視録]
バイオハザードの劣化コピー? 公式サイト。原題:The Bourne Legacy。トニー・ギルロイ監督、ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、レイチェル・ワイズ、ジョアン・アレン、アル ... [続きを読む]

» ボーン・レガシー [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
ボーン・レガシー ブルーレイ+DVDセット(デジタル・コピー付) [Blu-ray]“ボーン”シリーズの世界観を引き継いだ新たなシリーズの幕開け「ボーン・レガシー」。役者はやや地味だが緊迫 ... [続きを読む]

» ボーン・レガシー [象のロケット]
暗殺者養成のCIA極秘プログラム“トレッドストーン計画”は白日の下に晒され、国家の陰謀は崩壊したはずだった。 しかしプログラムそのものを「抹消」する事が決定し、関係者たちは次々と抹殺されていく。 高度な遺伝子操作と人格改造で、ジェイソン・ボーンを遥かに凌ぐ能力を身に着けた暗殺者アーロン・クロスは、女性医師マルタの情報を頼りに打開策を模索していくのだが…。 サスペンス・アクション。... [続きを読む]

» ボーン・レガシー [風に吹かれて]
計画はトレッドストーンだけではなかった俺の名前はNo.5 公式サイト http://bourne-legacy.jp監督・脚本: トニー・ギルロイ  「フィクサー」 CIAの極秘プログラム「トレッドス [続きを読む]

» ボーン・レガシー [いやいやえん]
ジェレミー・レナーさんを主人公にもってきた、「ボーン」シリーズのスピンオフ的作品。 「トレッドストーン計画」によって生み出された暗殺者ジェイソン・ボーンが、ロンドンで新聞記者サイモン・ロスに接触しようとしていた頃、計画が明るみに出ることを恐れたCIA本部では、国家調査研究所のリック・バイヤー(エドワード・ノートンさん)が証拠隠滅のために全プログラムの抹消を命じていた。一方、アラスカのCIA訓練地では、「アウトカム計画」によって生み出された暗殺者アーロン・クロスが訓練を積んでいた…という設定... [続きを読む]

« 2013年(第85回)アカデミー賞結果(๑≧౪≦) | トップページ | 「おおかみこどもの雨と雪」 細田守と貞本義行のコンビ再び »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ