スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「アイスエイジ4」 | トップページ | KOBO(コボ)VSkindle(キンドル) 楽天VSAmazon(アマゾン) »

2013年1月 8日 (火曜日)

「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」 続編はなし?

隠れた名作をご紹介sign03

香港アカデミー賞13部門ノミネート、監督賞、主演女優賞を
含む6部門で受賞した2011年の香港映画を代表するヒット作sign01
作家ロバート・ファン・ヒューリックによる人気探偵小説flair
「ディー判事」シリーズを、“香港のスピルバーグ”と異名をとる
ヒットメーカー、ツイ・ハーク監督が映画化sign03

出演は「新少林寺/SHAOLIN」のアンディ・ラウ
1911」のリー・ビンビン

類まれな知性の持ち主で武術の達人、唐王朝時代に実在
したというディー判事が、中国史上初の女帝誕生の裏に隠
された陰謀を解き明かしていくという
“中国版シャーロック・ホームズ”とも言うべき作品flair

サスペンスに超常現象が融合したストーリー、最先端のCG
技術と重鎮サモ・ハン・キンポーの指導による華麗な
アクション・シーンが迫力満点の作品catface

2012年10月12日レンタル開始flair

王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件[]

作品情報

  • 原題:狄仁傑之通天帝國/DETECTIVE DEE AND
                  THE MYSTERY OF THE PHAN
    洋画アクション  >  犯罪アクション
  • 制作年:2010
  • 配給:ツイン
  • 制作国:中国/香港
  • 上映時間:128分
  • 日本公開日:2012年05月05日(土)
    王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件:公式サイト
  • あらすじ&感想

    紀元689年、唐王朝の時代。則天武后(カリーナ・ラウ)による

    中国史上初の女帝即位を目前に、その権力を象徴する

    「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」の画像7

    巨大な仏塔の建立が進む中、巷では人体発火による

    不可解な連続殺人事件発生sign03

    事態を重く見た武后は、かつて武后を非難して獄中の身と

    なっていた判事ディー(アンディ・ラウ)を呼び戻すflair

    「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」の画像1

    その類い希な知性と超人的な武術の能力を有する彼をおいて

    他に、この難事件に挑める者はいなかった。

    武后は、美しい側近のチンアル(リー・ビンビン)を監視役

    野心家の司法官ペイ・ドンライ(ダン・チャオ)をその補佐役に

    「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」の画像11

    任命。ディーは自身に疑念を抱く2人と共に捜査を開始するcatface

    王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件予告動画↓

    あんまりレンタル屋さんには、本数置いてなかったんですけど

    めっちゃ面白かったですsign01

    米タイム誌が選ぶ2011年ベストムービー堂々の第3位

    選ばれたんだとかshine

    中国の歴史にからめたサスペンスアクションで

    謎解き&カンフーアクションでなかなか楽しめますhappy01

    アンディ・ラウファンにはたまらない作品ですねsign01

    推理ものとして続編もあるかな?っと思いましたが

    どうも今のところ無いようですねsweat02

    レンタル店ではあまり目立たないと思うので見逃されがち

    でしょうが・・・

    これは隠れた名作ですよ~flair

    あんまり面白そうな題名ではないですけどねsweat02

    王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件
       オススメ度★★★★★★☆☆

    ではまたpaper

    ぽちっとヨロシクsign01downwardleftウチのタピアです

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    by ブログパーツ製作所
    [PR]住宅に関する税金

    « 「アイスエイジ4」 | トップページ | KOBO(コボ)VSkindle(キンドル) 楽天VSAmazon(アマゾン) »

    コメント

    タピアさんとタイム誌が言うんだからまちがいない!
    動画を見たけれど、面白かったです。
    ぜひシリーズ化してほしいなぁ。

    公開されたの気づきませんでした。取り上げてくださり、ありがとうございます。

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/56409322

    この記事へのトラックバック一覧です: 「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」 続編はなし?:

    » 王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件 [象のロケット]
    紀元689年、中国・唐王朝の時代。 都では、もうすぐ中国史上初の女帝の座に就く則天武后の顔を模した、巨大な仏塔“通天仏”の建立が進んでいた。 だが政権の重要人物の身体が突如発火し焼き尽くされるという怪事件が頻発。 武后は投獄されていた反体制派の辣腕判事ディーを呼び戻し捜査を命じる。 高位女官チンアル、司法官ペイを助手に調査を開始したディーに、次々と刺客が襲いかかるのだが…。 歴史スペクタクル。... [続きを読む]

    « 「アイスエイジ4」 | トップページ | KOBO(コボ)VSkindle(キンドル) 楽天VSAmazon(アマゾン) »

    訪問ありがとうございます\(^o^)/

    ブログ内検索

    • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
      カスタム検索

    映画検索表はこちら!

    オススメ度の説明(^O^)

    • ・最悪
      ★★・おもろくない
      ★★★・イマイチ
      ★★★★・普通
      ★★★★★・まあまあ
      ★★★★★★・おもろい
      ★★★★★★★・最高
      ★★★★★★★★・名作

    オススメ商品(゚▽゚*)

    • あなたにオススメ( ^ω^ )

    ページランク

    無料ブログはココログ