スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「フライペーパー! 史上最低の銀行強盗」 | トップページ | 「アウェイクニング 」 TSUTAYAだけホラー »

2012年12月10日 (月曜日)

「ラム・ダイアリー」 ハンター・S・トンプソンって誰?

トンプソンって誰だよ?

ジョニー・デップが親友でもあったジャーナリスト
ハンター・S・トンプソンの自伝的同名小説を
自身の製作・主演で映画化flair

真夏のプエルトリコでジャーナリストの男が体験するトラブル
まみれの日々とラブロマンスを描くsign01

監督・脚本はブルース・ロビンソンsign01

共演は「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のアーロン・エッカート
ザ・ウォード 監禁病棟」のアンバー・ハードflair

2012年11月7日レンタル開始flair

ラム・ダイアリー[]

作品情報

  • 洋画ドラマ >  伝記
  • 配給:ショウゲート
  • 制作国:アメリカ
  • 上映時間:120分
  • 日本公開日:2012年06月30日(土)
  • ラム・ダイアリー:公式サイト
  • あらすじ&感想

    1960年、南米プエルトリコのサンファンに、ジャーナリストの

    ポール・ケンプ(ジョニー・デップ)が降りたった。

    「ラム・ダイアリー」の画像1

    ニューヨークの喧騒に疲れ果てたケンプは、神経過敏気味の

    編集長ロッターマン(リチャード・ジェンキンス)が運営する

    地元新聞「サンファン・スター」紙に記事を書くため、カリブ海に

    浮かぶ島プエルトリコへとやってきたのだ。

    同じ新聞社のジャーナリスト仲間に囲まれながら、ラム酒を

    浴びるように飲むという島の生活にすぐに馴染んだケンプは

    ある日アメリカ人企業家のひとりであるサンダーソン
                             (アーロン・エッカート)

    と出会う。そして、彼の婚約者であるシュノー(アンバー・ハード)

    「ラム・ダイアリー」の画像2

    との偶然の出会いから、彼女の類まれなる美しさと魅力に

    夢中になる。落ちてはいけない恋に戸惑いながら・・・

    サンダーソンの策略に巻き込まれ始めるケンプsign01

    「ラム・ダイアリー」の画像3

    個性豊かなジャーナリスト仲間に翻弄され、様々なアクシデント

    に巻き込まれていくケンプが下す恋と仕事との決断とは……

    って感じっすhappy01

    ラム・ダイアリー予告動画↓

    ハンター・S・トンプソンの自伝の映画化ということなんすけど

    ハンター・S・トンプソンって誰?って感じで調べてみましたflair

    Hannta

    取りあえず写真はこんな人

    ハンター・S・トンプソン(1937年~2005年死去)
    アメリカ合衆国のジャーナリスト、作家として活動した。
    ケンタッキー州に生まれ、空軍に入隊。その後
    ヘルズ・エンジェルスを取材。
    ジョージ・マクガヴァン大統領候補やジミー・カーターを
    支持する。
    2005年に自殺
    『虚栄のかがり火』のトム・ウルフと並んで、アメリカの
    ニュー・ジャーナリズムの旗手と呼ばれた。

    彼のスタイルはゴンゾー・ジャーナリズムと呼ばれた。
    という感じの人らしいflair
    まあこの人の自伝映画なのだが・・・何かようわからない
    落ちもイマイチぱっとしないsweat02
    まあ自伝なのでそんなもんか・・・
    ハンター・S・トンプソンを知らない人には楽しめない映画
    ですね・・・coldsweats02
    でもフムフムcatfaceとそこそこ観える映画っすけどねshine
    ちなみにこの映画に出るヒロインのアンバー・ハードは
    両性愛者であることを公言しているらしいっすよcoldsweats02
    ラム・ダイアリー:オススメ度★★★★★☆☆☆
    ではまたpaper

    ぽちっとヨロシクsign01downwardleftウチのタピアです

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    by ブログパーツ製作所
    [PR]住宅に関する税金

    « 「フライペーパー! 史上最低の銀行強盗」 | トップページ | 「アウェイクニング 」 TSUTAYAだけホラー »

    コメント

    監督のブルース・ロビンソンって、トリュフォーの「アデルの恋の物語」でアデルが愛するピンソン中尉を演じ、「ウィズネイルと僕」を監督した人ですね。久しぶりに名前を見ました。

    こんにちは。モモパパです。
    ハンター・S・トンプソンなる人物。
    初めて知りました。
    自伝モノの映画は今まで観たこと無いです。
    僕でも楽しめる作品かな?

    ジョニーさん、お久しぶりにおじゃましました~。
    愛犬を亡くしてから2カ月間・・・外は、真っ白い雪の世界に変わりました。snow気持ちをそらすために沢山のビデオを見たんですよ~。
     ジャンルを問わずいろんなものを、その時の気分で気ままに
    楽~に見てました。
    沢山見たのですが印象にのこったものを・・・
    ダークナイト、バットティチャー、空飛ぶペンギン、シャーロックホームズ(ロバート・ダウニー・JR、ジュードロウが好きなので・・)
    香港映画も見ましたよ。
    ドラゴン・キングダムやメダリオン・・マニアックなとこではグエムル漢江の怪物、少林サッカー・・・まだまだあります。
    イヤー映画って本当におもしろいsign03
    ですよね~~note

    トンプソン、私も知りませんでしたthink
    ジョニデも色々な人と付き合いがあったんですねshine

    12月8日は奥様のお誕生日おめでとう~ございましたbirthday
    素敵なプレゼントあげたのかなshine
    奥様にとって素晴らしい1年となりますようにshine

     こんにちはsun

    ジョニーデップは鋭い眼光・・インデアンのようなマスク??
    幅広い人脈あるんですね!

    ヒロインは両性愛か~~??
    マッチョなカップルの結婚式の写真に違和感を感じるけどeye
    女性の場合・・美人カップルなのかな?

    時代背景が古い映画好きです。
    しかも南米プエルトリコなんて、ちょっと癖がありそうで、、、
    ジョニーデップ、似合ってるかも、、、

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/56223258

    この記事へのトラックバック一覧です: 「ラム・ダイアリー」 ハンター・S・トンプソンって誰?:

    » ラム・ダイアリー/ジョニー・デップ [カノンな日々]
    米国のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説を親友であるジョニー・デップが自ら企画し、製作しそして主演を務めた作品です。真夏のプエルトリコを舞台にジャーナ ... [続きを読む]

    » ラム・ダイアリー [風に吹かれて]
    美しい若手女優アンバー・ハード公式サイト http://rum-diary.jp原作: ラム・ダイアリー (ハンター・S・トンプソン著/朝日新聞出版) 1960年、ジャーナリストのポール・ケンプ(ジョ [続きを読む]

    » ラム・ダイアリー [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
    【初回限定生産】ラム・ダイアリー ブルーレイDVDセット (2枚組) [Blu-ray]クチコミを見る反骨のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説の映画化「ラム・ダイアリー ... [続きを読む]

    » ラム・ダイアリー [象のロケット]
    1960年。 ニューヨークの喧騒に疲れ果てたジャーナリストのポール・ケンプは、自然がそのまま残る南米プエルトリコへとやってきた。 地元新聞「サンフアン・スター」紙の記者として地味な仕事をこなし、仲間とラム酒を浴びるように飲む島の生活にすぐに馴染んだケンプ。 ある日、彼は知り合いになったアメリカ人企業家サンダーソンから、土地開発計画に好意的な記事を書いて欲しいと頼まれるのだが…。 コメディ。 R-15... [続きを読む]

    » ラム・ダイアリー : クソ野郎ムービー [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
     昨日は、スパイダーマンとどちらを観ようかと迷いましたが、こちらの映画を観てしまいました。 【題名】 ラム・ダイアリー 【製作年】 2011年 【製作国】 アメリカ 【鑑 [続きを読む]

    « 「フライペーパー! 史上最低の銀行強盗」 | トップページ | 「アウェイクニング 」 TSUTAYAだけホラー »

    訪問ありがとうございます\(^o^)/

    ブログ内検索

    • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
      カスタム検索

    映画検索表はこちら!

    オススメ度の説明(^O^)

    • ・最悪
      ★★・おもろくない
      ★★★・イマイチ
      ★★★★・普通
      ★★★★★・まあまあ
      ★★★★★★・おもろい
      ★★★★★★★・最高
      ★★★★★★★★・名作

    オススメ商品(゚▽゚*)

    • あなたにオススメ( ^ω^ )

    ページランク

    無料ブログはココログ