スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「愛と誠」 妻夫木さん成長したな~(゚▽゚*) | トップページ | 「シャーク・ナイト」 ディープ・ブルーには勝てん(>_<) »

2012年11月12日 (月曜日)

伊藤英明「悪の教典」でヌードに∑(=゚ω゚=;)続編もあり?

これは今年のNO・1邦画ではないか?

「黒い家」「青の炎」などで知られる貴志祐介のベストセラー
小説を実写映画化したサスペンスsign01

小説の受賞歴
第1回山田風太郎賞受賞作、第144回直木三十五賞候補作
第32回吉川英治文学新人賞候補作
2011年本屋大賞ノミネート作
「このミステリーがすごい!2011」国内編第1位
週刊文春「2010年ミステリーベスト10」国内部門第1位
という凄さsign03
僕も読んだけど、最高に面白かったですsign03

生徒に慕われる高校教師でありながら、自身の目的のため
なら殺人もいとわない狂気の男が繰り広げる凶行の数々を
息詰まるタッチで描く。『海猿』シリーズの伊藤英明sign01
同シリーズとは打って変わって究極の悪人を怪演sign01

ヒミズ』でベネチア国際映画祭新人俳優賞を受賞した
二階堂ふみ染谷将太sign01

『バッテリー』の林遣都らが共演sign01

『クローズZERO』シリーズの三池崇史がメガホンを取り
鮮烈なバイオレンス描写を随所でさく裂させているsign03

本作の前日譚にあたるドラマ版「悪の教典ー序章ー」も
是非ご覧になってから観賞していただきたいsign01

2012年11月10日上映開始flair

Photo

作品情報

邦画ホラー/SF >  ホラー 
制作年:2012
配給:東宝
制作国:日本
R15+
上映時間129分
悪の教典:公式サイト

悪の教典:オススメ度★★★★★★★★

スポンサーリンク

あらすじ&感想

ハスミンというニックネームで呼ばれ、生徒たちから圧倒的な

人気と支持を集める高校教師・蓮実聖司(伊藤英明)sign01

「悪の教典」の画像9

生徒だけでなく、ほかの教師や保護者も一目を置く模範的な

教師だったが、その正体は他人への共感や良心をまったく

持っていないサイコパス(反社会性人格障害者)であったshock

学校と自身に降り掛かったトラブルや障害を取り除くために

平然と殺人を犯しては校内での地位を強固なものにしていく

「悪の教典」の画像2

蓮実・・・しかしsign02

ささいなミスから自身の凶行が知られそうになってしまうcoldsweats02

「悪の教典」の画像10

それを隠そうと悩んだ彼が導き出した答えは・・・

「悪の教典」の画像1

クラスの生徒全員を殺すことだったshock

って感じですsign03

舞台挨拶で、『海猿』の精悍なヒーローとは打って変わりsign01
『悪の教典』で生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)
蓮実聖司役にトライした伊藤さんは、「伊藤英明は嫌いに
なっても、『海猿』のことは嫌いにならないでください」と笑顔
で語ったそうだhappy01

しかし、僕は今回の役柄こそが伊藤英明さんに、はまり役

だったのではないか?と思いますsign01

悪の教典序章では、釣井(吹越満)に食われてた感も

ありましたが・・・・今回は圧倒的な存在力を示し

強烈に蓮実聖司(伊藤英明)をアピールしていますsign01

脇を固める役者では、様々な豪華キャストが出演してますが

印象に残ったのは、ラストの片桐 怜花役の二階堂ふみさんの

演技くらいではないでしょうか?

それほど、今回の伊藤英明さんは強烈でしたsign03

さてさて、映画は小説とは若干違いましたねsweat02

若干小説を省略しているので、小説を見てない人には

?と思われるシーンもあったのではないでしょうか?

この映画を見るには、小説を見てからをお勧めしますcatface

序章からのキャラの変動もありましたねsweat01

保健室の先生が変わっていたのと、体育教師の園田 勲が

出ていないwobbly2人とも小説では重要な役どころだったので

映画版にその場面が出てないのは残念でしたsign01

しかし、映画はすごかったsign03

学校で無表情に生徒を殺しまくる様は・・・

バトルロワイヤル以来の衝撃的映画sign01

しかも、逃げ惑う姿はリアルそのものsign01

映画を見た人は、衝撃を受けること間違いなしsign01

映画で「マック・ザ・ナイフ」って歌の口笛を吹くんですけど

これがまた怖い・・こういう歌詞ですsign01

ザメのやつが 鋭い歯を
  ぎらりと見せれば 白く輝く
  そんな鋭いナイフを マッキーは持ってる
  いつもは隠して 見せないナイフ
  サメがひとたび 噛み付けば
  波を真っ赤に 染めるような
  マッキーは手袋を 使うおかげで
  手に血の跡は 残らないのさ

  日曜の朝 路地のすみに
  死体がひとつ 転がってた
  路地の角を 誰かがよぎる
  やったのはそいつだ マック・ザ・ナイフ

  堤の上の タグボートから
  セメント袋が はみ出てるぞ
  セメントがちょっと 重すぎるんだろ
  そこへマッキーが 戻ってきたぞ
  ルーキーもミラーも 二人とも消えた
  稼いだ金をとられたまま
  使ったのは マッキーのやつだ
  それこそあぶくのように 派手に

  スーキー・トドリー ジェニー・ディヴァー
  ロッテ・レニア ルーシー・ブラウン
  みんな並んで 出迎えてくれ
  マッキーのやつが 戻ってくるんだ

人殺しの歌を口ずさむ、蓮実聖司(伊藤英明)sign03怖いですsign01

そして、外国でも評価高くなってきているようっすhappy01

イタリアで開催中の第7回ローマ国際映画祭コンペティション
部門のオープニングを飾り、上映後に4分半のスタンディング
オベーションを受けたそうですsign01

同映画祭で作品賞をはじめとする各賞のいずれかを受賞
すれば、日本映画初の快挙となりますshine

是非受賞して欲しいですねsign03

そうそう、ネタバレにもなりますが・・・

蓮実聖司が警察に捕まった時

( ̄▽ ̄)皆悪魔に取りつかれてたから殺すしかなかったweep

とか言うんですけど・・・けっこう、そのセリフから

蓮実は頭おかしかったんだcoldsweats02と思ってる方もいるようですが

違いますsign01彼は捕まってしまい、死刑を逃れるために

最善の策は、自分を精神病としたら良いと考えたために

演技してるんですsign01言わば、彼の新たなゲームが始まった

ということなのですsign01

そしてそして、続編もありそうな終わり方sign01

ラストにTo be continued(続く)って出るんすよsign01

小説は続編出てないんですけど、映画版オリジナルあるかも?

是非、小説版も映画版も続編をお願いしたいsign03

賛否両論あるが・・・今年のNO・1この映画やな~happy01

少しでもお気に入りいただけましたら、シェアお願いしますヽ(´▽`)/

« 「愛と誠」 妻夫木さん成長したな~(゚▽゚*) | トップページ | 「シャーク・ナイト」 ディープ・ブルーには勝てん(>_<) »

コメント

私・・伊藤英明ファンなんで
すごく観たいのぉ~lovely

海猿で惚れ直して・・これ観たら
どうなっちゃうかしら?coldsweats01

ハラハラ&ドキドキしながら観てこようかなぁwink

piyokoさんへ

裸で筋トレしてケツ丸出しでしたよ( ̄ー ̄)ニヤリ

伊藤英明ファンにはたまらないはず・・・

是非ご鑑賞ください

怖そう~!
映画は観られないと思いますので、
せめて原作を読んで見ましょうかね?

☆8きましたね~(≧∇≦)
ただいま小説を読んでます。
気分が悪くなる人もいると思うけど、間違いなく面白い。。。!
タピアさんのレビューも、最後のネタバレ部分は飛ばして読ませていただきました。
マック・ザ・ナイフって、映画の予告編で流れてるあの歌ですかね?
うお~いっちゃてる伊藤英明、めっちゃ見てみたいですimpact

こんにちは
小説買おうか悩んでたんですよね。
伊藤英明くんは、誠実な役柄が多いのに、
すごい役柄にチャレンジしたんですね。

映画撮り終わった後に、性格変わりそうなぐらい
熱演してたんでしょうね。
8つ星なので、ぜひ見てみたいです。

めちゃ興味あります!!
これは観てみたいし、海猿のイメージが強いので興味あり。

話変わるけど、海猿はもうお終いなんですね…

怖いわ。ひたすら、怖いわ。
マジ、こわいわさ(涙)
それだけに 今年度 ナンバーワン邦画、
ひょっとして 世界も凌駕しそうやね。
色んな意味で 期待MAX!!!!!

伊藤英明さん 大好きなので
この映画 すっごい観たいですーーーっっsign03
今までのイメージと全く 違いますよねーーっっcoldsweats02
予告 TVで観るだけで すごーーいって
思っちゃいます~っっhappy02up

こんばんはfullmoon

こちらも三池監督ですね!

伊藤さんかっこいいわぁ~~heart04

ここにも染谷君でてますね!
相棒の初回に近い頃、子役で殺人者の役をしていたような??
もうあんなに大きくなって!!note

蘭翁です。富山県氷見市に住んでます。いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
貴方のブログ、面白いです。

あぁ おもしろそう。海猿 大好きよheart
羊たちの沈黙 に 近づくような 旋律が
あるかもだねっ。

この程度で邦楽No.1は、無いでしょ。
片腹痛い(*´ω`*)
伊藤英明なので、贔屓目の人もいるでしょうが、シナリオ的に今一つと感じる。
学校シーンや最初や最後もう少し描いて欲しい。
これ自体で前後編作るくらいの勢い欲しがった。

海猿の仙崎ファンとしては、どうなんだろう???って思っていましたが、興味湧いてきました。まだ、やっているのかな?見に行ってみようかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/55941011

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤英明「悪の教典」でヌードに∑(=゚ω゚=;)続編もあり?:

» 悪の教典 : 「TO BE CONTINUED」だってば!! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 民主党が、次期衆院選での公約の一つに「TPP参加交渉」を明記するみたいですねぇ。私自身はTPP賛成なのですが、前回の衆院選における公約の達成度を見れば、全く信用でき [続きを読む]

» 悪の教典 [象のロケット]
生徒から“ハスミン”という愛称で呼ばれ絶大な人気を誇り、学校やPTAの評価も高く「教師の鑑」的存在の高校教師・蓮実聖司。 しかし彼は他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)で、邪魔な人間をいとも簡単に殺していく。 完璧すぎる教師・蓮実に違和感を感じている物理教師・釣井は、蓮実の過去を調べ始めるが…。 スリラー。 R-15。... [続きを読む]

» 映画「悪の教典」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「悪の教典」観に行ってきました。「海猿」シリーズその他でヒーローや善人的な役柄を主に担ってきた伊藤英明が一転してサイコキラーな悪役を演じることで話題となった、貴志祐... [続きを読む]

» 悪の教典 [映画 K'z films 2]
Data 監督 三池崇史 原作 貴志祐介 出演 伊藤英明  二階堂ふみ  染谷将太  林遣都  山田孝之 公開 2012年 11月 [続きを読む]

» [映画][☆☆☆★★]「悪の教典」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 貴志祐介原作の同名小説を、三池崇史監督・脚本、伊藤英明主演で映画化。 いたってごく普通のサイコスリラー。三池監督お得意の作風であり、それなりの仕事は見せてくれるものの、所々にアラが目立つ、少々残念な仕上がり。 まず何より、最初から犯人が分かりきっている... [続きを読む]

» 悪の教典 [だらだら無気力ブログ!]
あれだけショットガンをぶっ放しているのに、ご近所さんは気が付かないものなのか? [続きを読む]

» 『悪の教典』 ヒットのための3要素 [映画のブログ]
 まだまだ面白い企画はあるものだ。  先日、『北のカナリアたち』に感心したばかりだが、映画『悪の教典』も企画の上手さを堪能した。  林朋宏氏によれば、映画がよく見られる効果要素は三つあり、それ...... [続きを読む]

» 悪の教典 [とりあえず、コメントです]
貴志祐介著の同名小説を三池崇史監督が伊藤英明主演で映画化したサスペンスです。 これは怖すぎるから無理と思っていたのですけど、大ヒットしていたのでチャレンジしてしまいました。 予想通りの救い無い展開に、うわーっと思いながらも最後まで観てしまいました(>_<) ... [続きを読む]

» 悪の教典(2012-136) [単館系]
悪の教典 MOVIXさいたま ハスミンというニックネームで呼ばれ、生徒たちから圧倒的な人気と支持を集める 高校教師・蓮実聖司(伊藤英明)。 生徒だけでなく、ほかの教師や保護者も一目を置く模範的な教師...... [続きを読む]

« 「愛と誠」 妻夫木さん成長したな~(゚▽゚*) | トップページ | 「シャーク・ナイト」 ディープ・ブルーには勝てん(>_<) »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ