スポンサーリンク

こっちもポチよろしく!

  • 良ければフォローして下さい(。・ ω<)ゞ

  • blogram投票ボタン

人気記事

  • 最新稿記事

映画ブログの猛者たち (相互リンク)↓

お友達のブログ

« 「スマグラー」 なんじゃこりゃー!!(゚ロ゚屮)屮でもおもしろい(*^-^) | トップページ | 「カウボーイ&エイリアン」 西部劇のSF? »

2012年4月 4日 (水曜日)

「デンデラ」 マジにこんなことしてたんですか!!(゚ロ゚屮)屮

デンデラ観ましたよ~(◎´∀`)ノ

佐藤友哉の同名小説を基に、村の掟で山に捨てられた老婆たちの

その後を描く異色ドラマsign01監督は「楢山節考」今村昌平監督を父に

持つ天願大介監督っすsign01主演の浅丘ルリ子はじめ、日本映画を代表する

ベテラン女優陣が極寒の雪山で体当たりの熱演を披露してくれてますflair

さあ異色の映画デンデラどんな映画なのかsign02

2012年2月3日レンタル開始っすflair

デンデラ[]

内容は

雪深い山あいの小さな村。貧しいこの村では、70歳になった者は

掟に従って口減らしのため山奥に捨てられる運命にあった。

息子に背負われた斎藤カユ(浅丘ルリ子)もお参り場という場所に

置き去りにされてしまう。死を覚悟し、やがて意識を失うカユだったが

彼女は老婆たちによって助けられ、一命を取り留める。そこは、かつて

カユと同じように捨てられた老婆たちが生きるために力を合わせて

つくりあげた“デンデラ”と呼ばれる共同体だった。

って感じっす( ̄ー ̄)ニヤリ

ところでsign02姥捨て山って実際にあったの?

口減らしに70歳になったら山へ捨てに行くなんて本当にこんなこと

あったのだろうか?これは映画っすけど、何か聞いた事あるような・・・

事実を知ってる方は教えてくださいネhappy01

草笛光子,山本陽子、倍賞美津子、赤座美代子、白川和子などなど

豪華女優陣がすっぴんで出演してまっすdash

山に捨てられた老婆たちが、頑張って村を作り生きていますsign01

しかし捨てたやつらに復讐sign01っと村に攻め入ろうとしますdash

でも、雪崩とか熊とかトラブル続出で・・・

村には攻め入れませんsweat01

主に熊との戦いがメインの映画っすかねsweat02

最後は熊との決着をつけに一人(浅丘ルリ子)で戦いにいきますsign01

その死闘の決着はどーなるのかsign02

捨てられた人たちの生きることへの渇望sign01力強さsign01

人間 、どん底に落とされても生きる力 知恵 たくましさが

あると見せつけられる作品です flair

デンデラ オススメ度★★★★

ではまたpaper

楽天オススメ商品downwardleft

ぽちっとヨロシクsign01downwardleftウチのタピアです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

« 「スマグラー」 なんじゃこりゃー!!(゚ロ゚屮)屮でもおもしろい(*^-^) | トップページ | 「カウボーイ&エイリアン」 西部劇のSF? »

コメント

デンデラ、本は読みました。
その時には、映画も観てみたいと
思ったんですが、見逃しました~^^;
ラストがどうなってるのかが、気になります^^

この映画は以前にも無かったですか?
たしか、市原悦子さんだったような、、、
似たような感じの映画でしたよ。
不確かで申し訳ないけど、、、

ワタシがこの仲間なら、やはり闘いますね!
捨てられた事への怒りは復習ですよ、絶対に!
人間ですもん。
観てみたい映画です。

長野に姨捨(おばすて)という所(駅)がありますが、確か此処が老婆を捨てに行く場所だったと思います(違っていたらスイマセン)
ちなみに日本3大車窓の1つとなっています。眺めが最高です

明日はわが身~~wobbly

日に日に老化現象が。。。。eye

おはようございます!

とっても興味を持ってしまいましたeye
熊との決着以外は、リアル社会でもありそうな
そんな気もしたのですが・・・それにしても
熊との決着が・・・マジ気になるthink

姨捨とか年寄りを舟に乗せて沖へ捨てる伝説はありますね、
「デンデラ」見に行って、急に気が変わって「大鹿村騒動記」見て来た。
こちらの映画館では「デンデラ」上映は数日で終了でした。

70歳で老婆だなんて・・・。私も捨てられるの?
まっぴらゴメンですね。
でも現実にあった「姥捨て山」悲しい事です。

夜勤御苦労さま!

こんにちは♪
姥捨山って山が実際長野県にありますよね。
姥捨て伝説は大和物語とかに、そういった物語があったような気が
(昔話でもあったと思いますが)
ただ実際に「何歳以上のお年寄りは捨てなさい」という法律はなかったようです。
のでこの映画の舞台のように、狭い村落の中での口減らしのための
慣習だったのではないかなあ。

タピアさん、こんにちは~(*^^)v

この映画、観たいと思っていました!

姥捨て山という場所は特に設けてはいなかったけれど、貧困で子だくさん家族では一人でも食べる人を減らすために年寄りは当たり前のように捨てられた(自ら志願した)村もあったようですね。

残酷~とも思うけれど、今だって世話が必要になった親をすぐに施設に入れようとしたり・・・。なんともいえません・・・。

ベテラン豪華女優陣の共演が楽しみです(*^^)v

本で読んだことあります。
70歳・・・。
寒村ではこういうこと、あったんですね。

多分、幼稚園か小学校低学年の時だったと思うけど母に連れられて映画「楢山節考」観にに行った覚えがあります。
そのとき、実話だと母が言っていました。

親を捨てる方も、捨てられるほうも辛いですねsweat02

結婚して家を出てる息子から長い事連絡が無かったりすると
捨てられた気分になるときもあるよdown

こんばんは。
 わあ~この映画すごいな!
気になっていたけれど見逃してしまった映画です。
山に捨てるなんて現代では、考えられないけれど・・・。
あったんでしょうね。あまりにも貧しい地域では…・。

姥捨ては ほんとにあったんだよね。岩手の遠野の方にも あったような。
ベースとなってる 楢山節考は、本 読んで 感想文 書いたことあったなぁ。映画も見たsweat02
デンデラは 自然との闘いなのかぁ。
ベテラン女優さんの映画 迫力ありそうだな。

私、この映画、観ました・・・。
いや~、ちょっと思っていたものとは違ってました・・・。
特に後半・・・。
たぴあさんはどうお感じになられたかなあ。
でも「新しい感覚の作品」って感じはしましたね~。
湿っぽい作風になりがちなストーリーですが、
結構アクション???的な匂いもあったりで・・・。
やや好みが分かれる映画・・・かもですねcute

熊との戦いがメインw?!
最後も熊との決着をつけに行くみたいだしψ(`∇´)ψ
おーい! 復讐はどうしたーsign01
と、思わずツッコミを入れたくなりますね。Σ(゚д゚lll)

皆さまへ

コメントありがとうございます

姥捨山って山や駅が実際長野県にあるという情報も

頂き感謝感謝っすdash

日本も今後どーなるんでしょうね~

ご老人を大切にする国であって欲しいと思います

その為に政治家にはちゃんと頑張ってほしいっす

この映画、予想と違う感じでそれはそれでおもろかったっすけど

熊VS50人のお年寄りなので・・・

それではなくもっと人間ドラマを描いてほしかったっすね


いつもお世話になってます!
ところで姥捨山ですが、いちおう数えでの60歳(厳密には59歳前後)でしょうね。
還暦…つまり生まれ変わった、としてキリがいい(一周したのだから諦めがつくだろう)のと、逆に言えば今日の分の口を糊するだけの食料さえ調達できないほど村落が貧しいにもかかわらず、60歳まで生き延びてきたこと自体がありえない。
しかも歳をとって力仕事もできず、子も産めず…でも限りある食料は費やす、という、存在理由ギリギリの状況が背景にあるわけです。

子供の10歳までの生存率30%以下、平均寿命50代前半の時代、ましてそんな状況で70歳なんてまずありえないのに、60まで生きてしまったことの辛さ。

坂本スミ子さん主演の『楢山節考』でも厳密な年齢は言ってなかったように思いますが、あの作品で衝撃的なのは彼女が食事が不自由になるようにと自ら石で歯をタタキ折るところや、余所の村から口減らしを兼ねてやってきた嫁と、彼女についてきた親族ごと、とある事件を理由にして全員生き埋めにしてしまうシーン。

今健康に活きている村人を活かすために、余所者に食わす扶持はないという徹底した論理が表面化した、姥棄ての事実よりも背景が恐ろしい光景でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582257/54345820

この記事へのトラックバック一覧です: 「デンデラ」 マジにこんなことしてたんですか!!(゚ロ゚屮)屮:

» デンデラ [佐藤秀の徒然幻視録]
楢山節考+ええじゃないか 公式サイト。佐藤友哉原作、天願大介監督。浅丘ルリ子、倍賞美津子、山本陽子、草笛光子、山口果林、角替和枝、赤座美代子、山口美也子、白川和子、田 ... [続きを読む]

» デンデラ/浅丘ルリ子、草笛光子、倍賞美津子 [カノンな日々]
姥捨山の物語を描いて1983年のカンヌ国際映画祭にてグランプリを受賞した今村昌平監督の映画『楢山節考』。その今村昌平監督の息子である『世界で一番美しい夜』の天願大介さんが佐 ... [続きを読む]

» デンデラ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
デンデラ [DVD]クチコミを見る「楢山節考」のアフター・ストーリーは、パワフルな老女たちの活劇。生きる執念に圧倒されるが、終盤はスプラッタ映画のようで驚く。村の掟に従って口 ... [続きを読む]

» デンデラ [うろうろ日記]
試写会で観ました。姥捨て山に捨てられたお婆様方が、力を合わせて生き延びて、村に復 [続きを読む]

» 映画:「デンデラ」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成23年6月29日(水)。 映画:「デンデラ」。 【監督・脚本】天願大介 【原   作】佐藤友哉 【 キャスト 】        浅丘ルリ子・倍賞美津子・山本陽子・草笛光子・山口果林        角替和枝・赤座美代子・山口美也子・白川和子・田根楽子 …... [続きを読む]

» 『デンデラ』 [ラムの大通り]
----あれっ。この映画、 確か、観ないとか言っていなかったっけ? 「うん。最初はとても観る気が起こらなくって…。 だって、これって姥捨伝説が基になっている話じゃない。 確かに、今の高齢化社会のことを考えるには、 テキストとして重要なのかもしれないけど、 酷すぎ...... [続きを読む]

» デンデラ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
佐藤友哉の同名小説を「世界で一番美しい夜」の天願大介監督が映画化。70歳になると老人を姥捨てする風習が残る山間部を舞台に、捨てられた老婆たちが困難な状況に立ち向かってい ... [続きを読む]

« 「スマグラー」 なんじゃこりゃー!!(゚ロ゚屮)屮でもおもしろい(*^-^) | トップページ | 「カウボーイ&エイリアン」 西部劇のSF? »

訪問ありがとうございます\(^o^)/

ブログ内検索

  • 知りたい映画検索してね(*^_^*)
    カスタム検索

映画検索表はこちら!

オススメ度の説明(^O^)

  • ・最悪
    ★★・おもろくない
    ★★★・イマイチ
    ★★★★・普通
    ★★★★★・まあまあ
    ★★★★★★・おもろい
    ★★★★★★★・最高
    ★★★★★★★★・名作

オススメ商品(゚▽゚*)

  • あなたにオススメ( ^ω^ )

ページランク

無料ブログはココログ